さかき歯科クリニック

さかき歯科クリニック|矯正歯科 ホワイトニング インプラント 岡山市

当院は岡山市中心部・JR岡山駅近くの歯科医院です。  主な診療科目は、虫歯・歯周病などの一般歯科および矯正歯科となっております。 また、インプラントやホワイトニングも積極的に行っており、お口に関する様々な問題を患者さんと一緒に解決して、健康できれいな歯を取り戻す手助けができればと考えておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

 

トゥースフェアリー

 

歯科医院.com

 

HOME»  コラム»  立冬には体を温めるものを食べましょう

立冬には体を温めるものを食べましょう

立冬には体を温めるものを食べましょう

今年の立冬は118日です。立冬は冬の始まりを意味しています。

「立」には新しい季節になるという意味があり、立春、立夏、立冬と並んで季節の節目です。日の入りが早くなることで、昼夜の寒暖差が大きくなるので、体調を崩すことも珍しくありません。

中国のことわざに「立冬補冬、補嘴空」というものがありますが、意味は、立冬には季節にあったものを食べ、栄養を補給しようということのようです。

このことわざは栄養学的にも理にかなっていて、身体の冷えは代謝や免疫力を低下させると言われていますので、寒い冬を乗り越えるためにも、体を温める効果のあるものを食べると良いそうです。

これからの寒い季節におすすめの食材は、旬の大根やカブなどの根菜や、ジャガイモやカボチャなどの芋類です。これらには、血行を良くするビタミンEが多く含まれ、体を温める効果があるといわれています。

また、ショウガやネギの辛味成分は食欲を増進し、新陳代謝を良くするといわれています。鍋や煮物として取り入れるとより効果的です。

 

寒い冬を迎えるために、体を温める食材を取り入れ、体を労わりましょう。

2019-11-25 09:47:16

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント