さかき歯科クリニック

さかき歯科クリニック|矯正歯科 ホワイトニング インプラント 岡山市

当院は岡山市中心部・JR岡山駅近くの歯科医院です。  主な診療科目は、虫歯・歯周病などの一般歯科および矯正歯科となっております。 また、インプラントやホワイトニングも積極的に行っており、お口に関する様々な問題を患者さんと一緒に解決して、健康できれいな歯を取り戻す手助けができればと考えておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

 

トゥースフェアリー

 

歯科医院.com

 

HOME»  コラム»  ブルーライトが肌老化を促進

ブルーライトが肌老化を促進

ブルーライトが肌老化を促進

朝起きたときから寝る直前まで、スマホが手放せない! そんな人も多いのではないでしょうか。毎日の生活に欠かせないスマホですが、集中しすぎると、お肌にも悪影響があるのだとか。先日とある化粧品屋に行った時に「ブルーライトをカットしてお肌のスマホ疲れに特化した」という化粧品のサンプルを頂いて、ブルーライトが紫外線より肌奥まで届き、肌を乾燥させ、ハリの低下やくすみなど、肌にさまざまな影響を及ぼすという説があることを初めて知りました。そこで今回はブルーライトについて調べてみました。
 
ブルーライトってなに?
ブルーライトとは、日本語ではそのまま「青色光」と呼びます。主にスマートフォンやパソコン、テレビやテレビゲーム機器などの画面、LEDライト・LEDディスプレイなどから発せられる光のなかに含まれています。ではそもそもブルーライトとは、どのような光を指すのでしょうか?電磁波(簡単にいえば「光」や「電波」)のなかで、人間の目に見える光を「可視光線」(Visible light)と呼びます。※電磁波:電力設備、電子レンジ・冷蔵庫などの家電製品、PC・コピー機などのOA 機器、携帯電話・スマホなど、電流が流れるモノから発生する、電場と磁場の変化によって作られる波。
 
ブルーライトの肌への影響は?
ではブルーライトの直接的な肌への悪影響・弊害とはどのようなものがあるのでしょうか。ブルーライトは紫外線のなかでもUVA波に近い性質があります。UVA波は肌奥の真皮層にまで届く紫外線であり、真皮層に存在するコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作る線維芽細胞にダメージを与えます。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は肌のハリ・弾力・保湿を担う物質のため、これらが減少もしくはダメージを受けると、肌にはたるみ・シワが現れるようになります。ブルーライトもまた、UVA波と同じく真皮層にまでダメージを与える性質があります。さらには(UVA波ではなく)メラニン色素を発生させて日焼けの原因となるUVB波と同じく、色素沈着まで引き起こすと言われています。色素沈着とは、シミ・くすみのこと。そのためブルーライトは、シミ・シワ・たるみ・くすみといったエイジングサインを作り出す、美容の大敵ともいえるのです!
 
おすすめブルーライト対策
ブルーライトは、アフターケアというより、まず浴びることを防ぐことが大切です。そのため、最近ではブルーライトを防ぐアイテムが続々登場しています。まずはPCやスマホの明るさを抑えることで、物理的にブルーライト量を減らすことができます。さらに目への対策としては、ブルーライトカット効果のある眼鏡をし、就寝2~3時間前(少なくとも1時間前)にはスマホやテレビなどを見ないようにしましょう。そしてお肌へのブルーライト対策には、紫外線対策と同じくブルーライトカット効果のあるベースメイクを使用することをおすすめします!
 

2019-05-10 14:52:23

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント