さかき歯科クリニック

さかき歯科クリニック|矯正歯科 ホワイトニング インプラント 岡山市

当院は岡山市中心部・JR岡山駅近くの歯科医院です。  主な診療科目は、虫歯・歯周病などの一般歯科および矯正歯科となっております。 また、インプラントやホワイトニングも積極的に行っており、お口に関する様々な問題を患者さんと一緒に解決して、健康できれいな歯を取り戻す手助けができればと考えておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

 

トゥースフェアリー

 

歯科医院.com

 

HOME»  コラム»  夏の疲れを引きずっていませんか?ダルダル解消法をご紹介

夏の疲れを引きずっていませんか?ダルダル解消法をご紹介

夏の疲れを引きずっていませんか?ダルダル解消法をご紹介

10月に入って秋到来と思いきや、疲れやすい、なんとなくカラダがダルいといった、夏バテのような不調に悩まされていませんか?夏の疲れを引きずっているのは、夏の間に弱った体力がまだ回復しきっていない証拠。食事と生活の改善で、疲れたカラダを優しくケアしましょう。

ダルさの原因は?
・ 暑さで食欲不振が続き栄養不足に。スタミナ不足で体力が続かない。
・ ジュースやアイス、喉越しのいい麺など冷たいものの食べ過ぎで、胃腸が弱り気味に。
・ 冷房の効いた室内と暑い外の温度差で、自律神経が乱れてしまい体調不良に。
・ 冷房の効いた部屋に居続けることで、カラダが冷え、肩こり、腰痛、むくみ、ダルさに
悩まされる。
 
夏の疲れの解消法は?
<食事編>
☆疲労回復効果のあるビタミンB1をとる
豚肉、うなぎ、レバーなど、スタミナのつきそうな食材に多く含まれるビタミンB1ですが、実は
豆腐や納豆といった大豆製品、のりやわかめなどの海藻類にも多く含まれます。胃腸が弱っている
ときは、無理をせず、豆腐や海藻類などさっぱりしたものをいただきましょう。
☆すっぱいものを食べる
クエン酸、酢酸は疲労物質の原因である乳酸を取り除いてくれます。柑橘類、酢、梅干しなど酸味
のあるものに多く含まれています。暑さで消耗したビタミンCも補給でき一石二鳥。
☆温かい食べ物を食べる
外はまだ暑くても、冷房によりカラダの芯は冷えています。冷えは血行を悪くし、ダルさの原因に。
冷たいものは控えめにし、なるべく温かい飲み物や食べ物を選ぶようにしましょう。
 
<生活編>
☆温かいお風呂に入る
夏場はシャワーで済ませがちですが、血流が悪くなり疲労が残る原因に
なります。ぬるめの湯船にゆっくりつかって温まりましょう。半身浴で汗を出すのも効果大。
☆睡眠を十分にとる
熱帯夜で寝苦しかったり、冷房の効きすぎで、寒くて目が覚めてしまったりと、睡眠不足の状態が
続いていませんでしたか?質の悪い眠りは疲れをためてしまいます。涼しくなってきたときこそ、
充分に睡眠時間をとり、カラダを休めましょう。
 

2018-10-09 10:06:05

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント