さかき歯科クリニック

さかき歯科クリニック|矯正歯科 ホワイトニング インプラント 岡山市

当院は岡山市中心部・JR岡山駅近くの歯科医院です。  主な診療科目は、虫歯・歯周病などの一般歯科および矯正歯科となっております。 また、インプラントやホワイトニングも積極的に行っており、お口に関する様々な問題を患者さんと一緒に解決して、健康できれいな歯を取り戻す手助けができればと考えておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

 

トゥースフェアリー

 

歯科医院.com

 

HOME»  コラム

コラム

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

おみくじQ&A

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さてみなさんは初詣に行ましたか?わたしは数年ぶりの大晦日の夜から出かけるというスケジュールで初詣行きました!そしておみくじ引きました。日本人にとって身近な占いである「おみくじ」。私のように初詣で引くのはもちろん、パワースポット&御朱印ブームの現在では触れる機会も増えていることでしょう。おみくじを用いての占いは、神仏からの意見を伺える貴重な機会。せっかく引くのだったら、正しい引き方、読み解き方を知りたいですよね。そこで今回は「おみくじ」について調べてみました。
 
参拝の目的はおみくじ! という場合でも、まずは祀られている神仏へのご挨拶が大事。手水舎で身を清め、お賽銭を納めてから、自分の住所と氏名を告げ、日頃の感謝と願い事をお伝えして参拝後に社務所・寺務所を訪れて、おみくじを引きます。おみくじを引く際は、占いたいことを頭に思い浮かべつつ臨むのがポイント。 具体的な悩み事がない場合は「今の私にお言葉をください」と念じれば、総合としてのアドバイスを授かれます。寺社によっては多数のおみくじを取り扱ってるところもありますので、直感で引きたいと思ったおみくじを選びましょう。「今後の恋愛運について知りたい!」といったように占う内容がはっきりしているときは、「恋みくじ」のような特化型おみくじを引くのもいいですね。
 
☆おみくじの歴史
【平安時代】 神社の和歌おみくじの原型「歌占」が生まれる。

【江戸時代】 中国のおみくじを元にして生まれたお寺の漢詩おみくじ「元三大師百籤(がんさんだいしひゃくせん)」が普及、神社も使用する。

【明治時代】 神仏分離令により神社が元三大師百籤を使えなくなり、多くの神社が独自のおみくじである和歌おみくじを作成するようになる。
お寺はそのまま元三大師百籤を使い続ける。

【現代】
 
☆運勢の順番は?
寺:大吉>吉>小吉>半吉>末吉>末小吉>凶
神社:大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶
の順となっています。
 
☆1日に何回も引いていいの?
「同じ日に同じ場所で同じ質問のおみくじを引き直す」という状況は避けた方が無難です。「別の寺社で引く」「別の質問で引く」は同日でもOKと捉える寺社も多いようです。
 
☆凶を引く確率が知りたい!
おみくじの元祖である元三大師百籤では、凶の数は100枚中30枚。つまり「1/3の確率で凶のおみくじを引く」ということになります。
 
☆凶を引いたらどうすればいい?
おみくじを結ぶ「おみくじ掛け」に、利き手と反対の手で結べばいいと言われています。
 
☆運勢の結果に”平”って書いてあったけど、どういう意味?
「たいら」という吉凶で、運勢の変動が小さい状態を指します。
 
☆大凶って本当にあるの?
基本的にお寺にはありませんが、神社にはあります。メジャーな場所だと大阪の「住吉大社」や、鎌倉の「鶴岡八幡宮」で引く可能性があるそうです。
 
☆おみくじの有効期限はいつまで?
初詣に引いたおみくじなら「元日からの1年間」、それ以外のおみくじなら「願い事が叶うまで」とされています。
 
☆おみくじで大吉が出た! 今後も引かなければ運勢もずっと大吉のまま?
おみくじはあくまで「今」のあなたを占ったものなので、新しくおみくじを引かずとも時間が経過すれば運勢も変わります。定期的に引いてその都度アドバイスをいただくのがオススメです。寺社によっては吉より中吉の方が良い運勢とされているなど、順番が違っている場合も。また、この表に当てはまらない運勢もいくつか存在することから、気になった方は引いた寺社で聞いてみるのが確実です。
 
 
何気なく引いたものであっても、おみくじの結果にはそのひとつひとつに神仏の意思が関わっています。神さまや仏さまがあなたを思って伝えてくださった、紙1枚に収まる小さなメッセージ。そのアドバイスを有意義に活かせるよう、おみくじを引くときも読むときも、そして引いたあとも、真剣かつ真摯な気持ちで臨みたいところです。
 

2020-01-11 10:19:06

コメント(0)

根菜は体を冷やさない?


 冬に旬を迎える野菜の中でも特に根菜類は、食べると血行をよくしたり代謝をアップさせる、“内側から身体を温める野菜”であることがよく知られています。寒さをしのぐためにはもちろん、健康維持のためにも、ぜひ日々の食卓に取り入れたいもの、根菜が“身体を温める”理由は、主に以下の3つが挙げられます。

・根菜の多くが夏に旬を迎える野菜より水分が少ないため、身体を冷やさない
・豊富なビタミンを含み、血行を促進させる作用や、毛細血管が弱らないよう保つ作用がある
・豊富なミネラルが、血液や筋肉を作るたんぱく質の働きを助ける

また、根菜には比較的固い野菜が多いので、煮込みやスープなどの長時間加熱する料理に用いられやすいのも“身体を温める”イメージにつながっているのもしれませんね。
 
根菜には、若々しさのもとになる抗酸化作用や免疫力アップなど、身体を温める以外にもさまざまなうれしい効果があります。ここでは野菜別の特徴と、いいところを逃さず味わえるおすすめの食べ方をご紹介してきます。
にんじんは皮を剥かずに、油で調理して食べる
にんじんの皮の近くには、肌や粘膜を保護し、抵抗力を高めるビタミンAのもと「βカロテン」がたっぷり含まれています。そのため皮を剥かずに、βカロテンの吸収を高める油で調理して食べるのがおすすめです。皮付きのままだと気になるようであれば、薄く皮を剥き、剥いた皮もきんぴらなどにしていただきましょう。
ごぼう・れんこんはあく抜きせずに食べる
ごぼうとれんこんの“あく”には抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。あく抜きをするとこの抗酸化作用だけでなく、香りやうまみも逃げてしまいます。そこで、あく抜きしないで調理するか、あく抜きする場合もできるだけ短い時間にとどめておくのがおすすめです。
ちなみに、あく抜きをしなくても普段と同じ調理法や食べ方で問題ありません。
だいこん・かぶは葉まで食べる
だいこんやかぶは淡色野菜ですが、実は葉の部分だけは緑黄色野菜なのです。だいこんやかぶの葉には、カルシウムやビタミンCなど、根(実)の部分には含まれない栄養がたっぷり含まれているので、ぜひ葉まで食べてみてください。手に入れたらすぐに葉と根を切り離し、葉の方は茹でてから保存するのがポイントです。
さつまいもは塩分が気になるメニューと一緒に食べる
さつまいもは食物繊維やビタミンC、ビタミンB1が豊富で、加熱してもビタミン類が壊れにくいのが特徴。余分な塩分を排出し、むくみをすっきりさせるカリウムも豊富に含んでいます。そこで、塩分が気になるメニューと一緒に食べて、塩分よりカリウムを優先して取り込ませるのがおすすめです。
さといもはぬめりを取らずに食べる
さといもには、コレステロールを抑えるジガラクトシルジアシルグリセロールという成分が含まれています。また、さといものぬめりには胃を保護したり、肝臓や腎臓の機能を高める成分も含まれています。皮を剥いたら洗ったり塩もみしたりせず、ぬめりが残ったまま食べるようにしましょう。

身体を温めるといわれる根菜ですが、生で食べればやはり身体を冷やしてしまうものも。また、イモ類やにんじん、れんこん、ごぼうは糖質が高めなので、食べ過ぎないようにしましょう。
冬の定番メニューには、具だくさんの豚汁やポトフなど、いろいろな根菜を一度に味わえる料理も多いもの。ここでご紹介したおすすめの食べ方をチェックして、身体を温めながら栄養をたっぷり取り入れられる根菜メニューに挑戦してみてはいかがでしょうか。
 
 

2019-12-17 17:49:04

コメント(0)

12月は太るイベントが目白押し!

いよいよ一年を締めくくる12月。街を彩る華やかなイルミネーションや、クリスマス一色の街並みに、心浮き立つ季節ですね。とはいえ、クリスマスのケーキやご馳走、忘年会でのお酒やおつまみに、年末の年越しそばなど、12月は何かと太る要素がいっぱい!普段は節制をしている人も、楽しいイベントが続くこの時季は、つい気が緩みがちになってしまいます。新しい年を、身もココロも軽く迎えるために、イベントを楽しみながらこっそり体重をキープするコツをご紹介します。
 
ストレスを溜めずに体重をキープするコツ
①空腹のままお酒を飲まない
お腹を空かせた状態で、いきなりお酒を飲むと、食欲が一気に増進されてしまいます。小さなおにぎり一個などでもよいので、少し食べ物をお腹に入れてから飲み始めると、空腹が落ち着き、食べ過ぎを防ぐことができます。ハンディタイプの固形栄養食品なども、種類が多く手軽なのでおすすめ。何か食べる時間がない時は、コンビニなどで売っている飲みきりパックの牛乳やヨーグルトなどを飲むだけでも効果があります。乳脂肪にはアルコールの吸収を遅らせる働きもあるので、悪酔いの防止にもなります。
 
②食べる順序を考える
宴会やパーティなどでは様々な料理がテーブルに並びますが、できればサラダなどの野菜料理から食べ始めましょう。野菜類には、食物繊維が多く含まれているので、その後の食事の吸収を抑え、血糖値の急な上昇を防ぐことができます。その後に、お肉やお魚などのたんぱく質を摂りましょう。
 
③お酒と水分を交互に摂る
お水やウーロン茶などをお酒と一緒に注文して、お酒の合間に飲んだり、お酒と交互に飲むと、飲み過ぎが防げます。
 
④食べ過ぎた翌日の朝食、昼食は軽めに済ます
食べ過ぎてしまった場合は、翌々日までの3日間位で摂取カロリーのバランスをとればOK。特に、翌日の朝と昼は、野菜スープなど胃に優しくてカロリーが控え目なものを摂りましょう。前日に多めに作ってストックしておくと、翌朝温めるだけでよいので、のんびりできますね。
 

2019-12-09 16:38:04

コメント(0)

冬太りについて


食欲の秋を乗り越えたはずなのに、気付いたら太ってしまっている…そんな冬太りの経験ありませんか? 実は冬に太ってしまうのはちゃんとした原因があったんです。

冬に太る原因はイベント?
 
冬はクリスマスに始まり、忘年会、新年会、成人式、バレンタイとかなり多くのイベントが密集している季節で、つい食べ過ぎてしまう方が多くいます。
さらに冬のイベントで食べる物はクリスマスディナーやおせち料理など味付けの濃いものや、お餅などの高カロリーなものが多いのも冬太りの1つの原因です。普通に食事をしているつもりでも、普段よりも高カロリーな食事が続くことで消費しきれなかったカロリーが体に蓄積され、冬太りに繋がってしまうのです。 また、塩分の多い食事が増えることで水分を過剰に摂ってしまい、むくみも引き起こします。
寒さよる冬太りの原因
 
外気温が下がると動くのが億劫になり、外出する機会が減少することによって運動不足に陥ります。寒いから今日はこたつでゴロゴロしよう、という休日を過ごすことも多くなってきていませんか? 運動不足になると当然ながら脂肪が燃焼されず、体の中に蓄積されていきます。これも冬太りに繋がります。
また、冬はそもそも寒いため、寒さによる冷えも体に影響します。体が冷えて体温が下がると、何もしなくてもエネルギーを消費する「基礎代謝」が下がってしまいます。消費するエネルギー量が減るので、何もしなくても、普段どおりにしているだけで余ったエネルギーが溜まり、太ってしまう状態となるのです。
冬太りを予防するには?
 
冬に太ってしまうのは
(1)イベントでの暴飲暴食
(2) 寒さによる運動不足・基礎代謝の低下
が主な原因です。これを解消するには、暴飲暴食を控え、適度な運動をすることが大切です。それから体を冷やすと基礎代謝が下がってしまうため、温めるようにしましょう。
忘年会や新年会は付き合いで行かなければならないことも多いと思いますので、当日食べる量を控えたり、前日の摂取カロリーを減らすなどして調整できます。 寒くて運動が億劫な場合は、温かい室内でもできる昇降運動や、ヨガなどの運動を取り入れましょう。少しでも発汗を促すことで新陳代謝が向上し、冬太りの予防およびダイエットに繋がります。
冬の過ごし方のススメ
 
冬太りを避けて冬を過ごすにはとにかく体を冷やさないことです。野菜のたっぷり入った温かいスープを飲むと、カロリーを抑えられ、体も温まり一石二鳥です。 しかし、体を冷やすまいと厚着をしすぎると自分のエネルギーを使って体を温める必要がなくなるため逆効果です。ちょうどいいくらい、あるいはほんの少し肌寒い程度の服装がおすすめです。 また、実は夏よりも冬の方が体温維持のため消費するカロリーが多く、同じ運動量でも冬の方が痩せやすいのです。
冬太りを避けるだけではなく、ダイエットに取り組んでみてもいいですね。小さな積み重ねで、冬を乗り切りましょう!
 
 

2019-12-09 16:16:56

コメント(0)

立冬には体を温めるものを食べましょう

今年の立冬は118日です。立冬は冬の始まりを意味しています。

「立」には新しい季節になるという意味があり、立春、立夏、立冬と並んで季節の節目です。日の入りが早くなることで、昼夜の寒暖差が大きくなるので、体調を崩すことも珍しくありません。

中国のことわざに「立冬補冬、補嘴空」というものがありますが、意味は、立冬には季節にあったものを食べ、栄養を補給しようということのようです。

このことわざは栄養学的にも理にかなっていて、身体の冷えは代謝や免疫力を低下させると言われていますので、寒い冬を乗り越えるためにも、体を温める効果のあるものを食べると良いそうです。

これからの寒い季節におすすめの食材は、旬の大根やカブなどの根菜や、ジャガイモやカボチャなどの芋類です。これらには、血行を良くするビタミンEが多く含まれ、体を温める効果があるといわれています。

また、ショウガやネギの辛味成分は食欲を増進し、新陳代謝を良くするといわれています。鍋や煮物として取り入れるとより効果的です。

 

寒い冬を迎えるために、体を温める食材を取り入れ、体を労わりましょう。

2019-11-25 09:47:16

コメント(0)

秋バテ対策をしましょう

長かった猛暑の夏が終わり、ようやく夏バテから解放されると思ったのに、なぜか疲れが抜けないというような症状があったら「秋バテ」かもしれません。

夏バテはよく聞きますが、秋バテというのもあるそうです。

秋バテではだるい、疲れやすい、食欲不振、胃腸の不調、立ちくらみ、めまい、頭痛など様々な症状が現れます。

 

~秋バテの原因~

気温の寒暖差による自立神経の乱れ

冷たいものの食べ過ぎによる内臓脂肪の冷え等

予防・対応方法は、体を温めることが大切です。

 

【食事】

冷たいものをなるべく控え、温かいものを食べる。(温かい汁もの、温かい飲み物を取り入れる)

体を温める効果があるものを食べる。(ショウガ・ネギ・ニラ等を摂りいれる。)

夏に弱った胃腸を回復させるために、消化の良いものを食べる。(油料理は避ける。暴飲暴食はしない。)

栄養のバランスのよい食事を食べる。(13食規則正しく食べる。旬のさつまいもやさといも、栗やきのこはビタミン・ミネラルが豊富に含まれる。)

 

【生活】

上着を1枚持ち歩き、体温調節がしやすくする。

入浴はぬるま湯にゆっくりとつかる。

適度な運動を行う。

 

夏の猛暑で疲れた体を食事や生活の一工夫で労わりましょう。

2019-11-07 17:22:54

コメント(0)

すきやきの歴史


 関西が発祥の地と言われているすき焼き。
明治維新のイメージがあるすき焼きの歴史ですが、江戸時代の終わりに誕生したと言われています。
今食べられている牛肉は、すき焼きには外せないものとなっていますが、牛は食べることを禁じられていました。
肉の代わりに魚を具材としていたという、すき焼きの歴史があります。
 

すき焼きの原点とは
 
江戸時代に、畑作業の合間に農作業に使う鋤(すき)を使って、魚や豆腐、野菜を焼いて食べていたことがあります。
鋤で焼くことから「鋤焼」と呼んでいたそうです。
これが、すき焼きの始まりとも言われています。
しかし、牛や馬の肉を食べてはいけないという決まり事も、お腹を空かせている状態の庶民には効き目はありません。
肉を食べない昔の風習から、こっそり捕らえたイノシシやシカを、鋤焼にして食べていたという説も。
江戸時代にも料理のレシピ本が存在していた
 
料理は目で見て覚えるものと言われていますが、1801年に書かれた「料理早指南」と、1832年に書かれた「鯨肉調味方」の中に、鋤焼について記述してある一説が残されています。
鋤焼は、牛を使わずに鴨や鯨を使っていたと記されているそうです。
今も昔も料理は目で見るだけでなく、書物でも覚えることが出来るという共通点は、時代を身近に感じることが出来るでしょう。
明治天皇がすき焼きの火付け役だった?
 
時代が変わり文明開化の流れから牛肉が解禁され、すき焼きの歴史も変わり始めます。
牛肉を入れて食べるという風潮は、徐々に広まったと言われていますが、その火付け役は明治天皇だったと言われているのです。
牛肉入りのすき焼きを、明治天皇がお召し上がりになったことが世間に広がり、現在のような牛肉入りのすき焼きが主流となっていきました。
関東では「牛鍋」と呼ばれていたこともあり、関西と関東の違いも興味深いものがありますね。
関西が発祥のすき焼き
 
すき焼きの歴史を辿ると、発祥は京都。
鉄鍋に牛脂を引き、肉を先に焼いてから野菜を甘辛醤油で煮て頂く、関西のすき焼き。
もちろん、牛肉が解禁されるまでは魚や鳥肉を食べていたと言われています。
水を加えないという、本来の素材の味をそのまま活かした味わい方は、家庭の味としても全国区に広がっていきました。
世界に比べたら狭い島国の日本ですが、地方によってすき焼きの調理方法や具材は様々。
関西のすき焼きは、地方ごとにアレンジされたオリジナルのものへと変わっていきました。
すき焼きの歴史に牛肉は欠かせないものですが、牛肉が高価な食材ということや、牛の独特の臭みが慣れないという人もいるため、豚肉や鶏肉を使用する家庭も多かったと言います。
卵と牛肉で高級料理
 
そのまま食べる人もいれば、溶いた生卵に絡めて食べることもありますよね。
溶いた生卵に味が染み込んだ長ネギや牛肉を絡めて食べると、まろやかな味わいが楽しめます。
この生卵に絡めて食べる方法も、文明開化の頃ではないかと言われています。
卵と牛肉は高価な食材ということもあり、二つの食材が加わったすき焼きは、庶民の中での高級料理の一つでした。
軍鶏鍋に似せた食べ方だという説もあれば、熱い具材を食べやすくするためという説もあり、真実は明らかにされていませんが、美味しい食べ方として今も好まれています。
すき焼きの歴史は、比較的近い文化のような気がしますが、改めて学んでいくと長い道のりがあったことがわかります。
鉄鍋があると見た目ももちろんですが特別感があり、さらに美味しく堪能できるのではないでしょうか。
サビないように、洗った後はしっかり水分を取り除きます。
 
今でもすき焼きは、豪華な鍋料理として喜ばれるメニューです。
そろそろ寒くなってきたので美味しいお肉を使ってすき焼きをしたいですね。
 

2019-10-19 10:44:07

コメント(0)

ルイボステイ―の効果



 ルイボスティーとは
 
「いつまでも美しくありたい」と願う女性や「いつまでも健康でいたい」と願う人から支持されている飲み物がルイボスティーです。ルイボスティーには美容と健康に良いとされる成分が多く含まれています。さらにノンカフェイン、ノンカロリーなので、小さなお子さんから妊娠・授乳中の女性まで安心して飲むことができます。
ルイボスはマメ亜科アスパラトゥス属の針葉樹であり、生息地は世界中でたった一か所、南アフリカのセダルバーグ山脈です。セダルバーグ山脈は南アフリカで最も有名な都市ケープタウンから北に250キロ離れた場所にあります。ここは非常に乾燥した地域です。30度以上の温度差があり、ミネラルたっぷりの土壌があることが特徴です。ルイボスが南アフリカでしか生産することができないのは、この類いまれない独特の環境であることが原因です。ルイボスは落葉するときに赤褐色になることから、ルイは現地語で「赤い」、ボスは現地語で「やぶ」を表しています。
ルイボスティーは何百年も前から先住民族のコイ族、サン族で日常的に飲まれているお茶でした。当時はハンマーで茎や葉っぱをたたき太陽の下で発酵させていました。20世紀初頭、ベンジャミン・ギンズバーグ氏がこの土地で飲まれているルイボスティーに美容や健康の効果があることを発見しました。このことがきっかけとなり、ヨーロッパを中心に普及していきました。日本にルイボスティーが伝わってきたのは30年ほど前からです。
 
 
ルイボスティーの効果
 
南アフリカで生まれた「奇跡のお茶」と言われるルイボスティーは、さまざまな効果があります。海外では薬としても飲まれているほどです。今回はその知られざる効果について詳しく紹介していきます。
まずルイボスティーの効果を語るうえで欠かせないのが「SOD」です。これはスーパーオキシドディスムターゼと言われる活性酵素を除去する酵素です。活性酸素とは人間が生きてくうえで大切な物質ですが、増えすぎると人間にさまざまな障害を与えることになります。その原因は現代人にとって最大の悩みである「ストレス」や「不規則な食生活」です。活性酸素の増加が体内で広まると、肌荒れや白髪だけでなく、がんや脳卒中、心筋梗塞など重い病気にまで発展すると言われています。ルイボスティーには体内の余分な活性酸素を除去して、バランスを整える効果があります。
 
また、ルイボスティーは女性におすすめの飲み物です。その理由は3つあります。1つ目は女性の悩みで多い「むくみ・冷え」に効果があるという点です。ルイボスにはリンパの流れを良くする成分が含まれています。体にたまった老廃物を排出することでむくみを予防します。さらに亜鉛などのミネラルは新陳代謝を良くして体温を上げる効果があります。2つ目は不妊に悩む方にとっても効果があるという点です。お茶に含まれているミネラルやポリフェノール卵子の質を上げると言われています。妊娠を望んでいた女性がルイボスティーを日常的に飲むようになってから自然に妊娠できたというデータもあります。3つ目はダイエットにも効果的だという点です。カロリーがないので、摂取カロリーを気にせずに飲むことができるからです。香りが良くリラックス効果もあるのでダイエット中にはおすすめの飲み物です。
 
 

2019-09-24 12:18:07

コメント(0)

湿気

簡単にできるお部屋の湿気対策
 
湿気が部屋の中にこもって増えてしまう原因としては、大気中の水分が多くなってその場にとどまってしまうこと。湿気が原因で水っぽくなってしまったり、ひどい場合にはカビが発生してしまいます。
かつての日本家屋は、襖や障子を用い建物には木材を使ったので換気がよく、空気が常に移動している状態でした。夏は涼しく冬は寒かったといえます。
現代の建物は気密性がよいため、すきま風が入りにくく空気が逃げづらい造りになっていることが多いのです。これは高温多湿の気候に対応しづらい造りといえます。そのため湿気対策を意識的に行うことが、住まいを長持ちさせ建康な暮らしをおくるためにも大切となってきます。

<換気>
押入れやクローゼット、玄関の靴箱など湿気が気になる場所は、晴れた日には扉をあけて換気を心がけましょう。

<換気扇>
浴室や台所の換気扇を動かしておくと家の中の空気が流れやすくなります。

<エアコンの仕様>
エアコンが設置してある部屋であれば、除湿をおこなうと効果があります。カビが発生しやすくなるのは、部屋の湿度が70パーセントを超えるような湿気がひどい場合です。除湿モードを効果的に使ってくださいね。

<押入れ>
物を入れこみすぎると湿気がこもりやすくなります。物をいれる時は下にすのこや新聞紙をひいたり、壁にすきまを5センチ以上あけて下さい。扇風機を使用して、中の空気が流れるようにすることも大切です。

<下駄箱>
温度が低い玄関は湿気が多くなりやすいのです。湿気がこもりやすい下駄箱は特に換気を心がけてくださいね。
 
 

2019-07-16 14:49:36

コメント(0)

アロマオイル(精油)自宅でも作れる?!

癒しアイテムとして人気の高いアロマオイル、様々な種類がありますよね。アロマオイル(精油)は、花や果実など、植物から抽出されます。当院でも患者さんにリラックスして頂けるように毎日アロマを焚います。先日、帰り道に花の良い香りを匂ってこの匂いがアロマオイルにあればいいのになぁと思いアロマオイルって自分で作れるのだろうか?どのように抽出されているのか?自宅でアロマオイル(精油)を作れるのか調べてみました。
 
 
3つの抽出方法
アロマオイル(精油)の抽出方法は、大きく3つに分けることができます。 ①水蒸気蒸留法(すいじょうきじょうりゅうほう)
水蒸気の熱によって成分を気化させ、アロマオイル(精油)を溜める方法です。自宅でも安価な道具で行うことができます。
②溶剤抽出法(ようざいちゅうしゅつほう)
溶剤を使い成分を出す方法です。
③圧搾法(あっさくほう)
搾り取る方法。主に果実系のアロマオイル(精油)を抽出するのに使われます。
 
原料となる植物の特徴によって、どの方法が良いか判断されます。例えば、水に溶けやすい・熱に弱いなどの特徴です。また、同じ植物でも抽出方法によって香りが違ってくるそうです。それでは、ひとつひとつを詳しくみていきましょう。
 
水蒸気蒸留法
水蒸気蒸留法(すいじょうきじょうりゅうほう)は最も簡単で、自宅でもできる抽出方法で簡単にいうと、植物を蒸してアロマオイル(精油)を出す方法です。
1.植物を蒸留釜に入れる。
2.蒸気を当てて蒸すと、芳香成分を含んだ水蒸気が発生する。
3.芳香成分を含んだ水蒸気(気体)を冷やして、芳香成分を含んだ液体にする。
と、これだけのステップでアロマオイル(精油)が完成するようです。水蒸気によってたまった液体のすべてがアロマオイル(精油)なのではなく、2つに分離します。上のほうは濃度の濃いアロマオイル(精油)で、下のほうにはフローラルウォーターが溜まります。フローラルウォーターはアロマオイル(精油)のように高濃度ではありませんが、微妙に芳香成分が溶け込んでいます。フローラルウォーターは化粧品などに利用されるそうです。自宅でオイル(精油)を作るためには蒸留器が必要です。といっても大掛かりな蒸留器ではなく、自宅用に売られている市販のもので十分作れるそうです。7,000円~20,000円で購入することができるとのこと。
 
溶剤抽出法
上で解説した水蒸気蒸留法で扱えない植物は、溶剤抽出法(ようざいちゅうしゅつほう)を使います。熱や水分、圧力によって成分が壊れてしまうとてもデリケートな植物があるのです。そうした植物は、水蒸気蒸留法ではなく、溶剤抽出法を使います。石油エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどの溶剤と植物を一緒に溶剤釜に入れると、アロマオイル(精油)の成分が植物から出てきて固まります。この塊を、コンクリートと呼びます。メチルアルコールを使い分離させ、アルコールを蒸発させるとアロマオイル(精油)となります。溶剤抽出法で抽出されたアロマオイル(精油)はアブソリュートと呼ばれます。溶剤抽出法はとっても手間のかかる方法で、ジャスミンやローズなどの花から抽出される高価なアロマオイル(精油)が多いのが特徴です。また、アロマオイル(精油)とともに他の植物成分も抽出できるため、同じ原材料によるアロマでも水蒸気蒸留法よりもアブソリュートのほうがより植物の香りに近い場合があるとされています。
 
圧搾法
圧搾法(あっさくほう)は柑橘系の果皮からアロマオイル(精油)を抽出する際に使われます。名前からイメージされる通り、絞り取るやり方です。オレンジの皮を手で絞ると液が出てきますね、昔は手で圧搾してスポンジに吸わせてアロマオイル(精油)を取っていました。現在は遠心分離器やローラーで圧搾をしています。熱や水を加えないため、自然な状態で抽出することができますが、不純物も多く含まれるため劣化も早いそうです。
 
それぞれのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。
水蒸気蒸留法
・安価な道具で可能。
・自宅でも楽しみやすい。
・熱や水で成分が損なわれやすいため、原料の種類によっては使えない。
溶剤抽出法
・成分を損なわず抽出できる。
・手間がかかり、高価。
圧搾法
・植物本来の香りが楽しめる。
・不純物も多いため、劣化が早い。
 

2019-07-05 15:29:33

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5