さかき歯科クリニック

さかき歯科クリニック|矯正歯科 ホワイトニング インプラント 岡山市

当院は岡山市中心部・JR岡山駅近くの歯科医院です。  主な診療科目は、虫歯・歯周病などの一般歯科および矯正歯科となっております。 また、インプラントやホワイトニングも積極的に行っており、お口に関する様々な問題を患者さんと一緒に解決して、健康できれいな歯を取り戻す手助けができればと考えておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

 

トゥースフェアリー

 

歯科医院.com

 

EPARK

 

HOME»  コラム

コラム

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

夏の肌ダメージにサヨナラ!食事でできる秋のお肌改善法

 
暑い夏が終わり、秋向けの肌対策にシフトしていく頃ですね。この時期になると、夏の間、肌に受けたダメージがじわじわと出ていませんか?秋特有の肌荒れの原因と食事でできる肌の改善法(美肌対策)をご紹介します。
 
秋に起こる肌荒れの原因
 
夏に受けた紫外線ダメージ
 
夏に海や山へ遊びに行った際に受けた日焼けだけでなく、通勤・通学・家事の合間に浴びた少しの紫外線も肌へのダメージに繋がります。一度に受けた紫外線は少量でも、毎日となると、肌への負担は積み重なっていきます。
 
室内と室外の気温差で感じた肌ストレス
 
オフィスや電車・デパート・公共施設の室内は冷房がきいていて、肌寒く感じることもありますが、一度外に出ると気温は高く、カラダが火照るほどです。この気温差を日中に何度も繰り返していると肌への負担が大きく、肌荒れの原因になります。
 
 
夏の肌ダメージにサヨナラ!秋にすべき美肌対策5つ
 
1.旬の野菜・果物をとる
 
旬の野菜や果物には、栄養素がぎゅっと詰まっています。ビタミン・ミネラルが豊富に含まれている季節の野菜・果物は、肌のダメージの回復を助けてくれます。
 
2.肌のターンオーバー(新陳代謝)を良くする栄養素をとる
 
・タンパク質:肌の細胞を構成する栄養素です。低脂肪・高タンパクの食材がおすすめです。
・ビタミンA:肌荒れやかさつきを予防します。
・ビタミンB2・B6:皮膚や粘膜を健康に保ちます。
・ビタミンC:コラーゲンの合成に働き、肌のハリを保ちます。
・ナイアシン:皮膚の代謝を促します。
・ビタミンE:抗酸化作用があり、活性酵素からカラダを守ります。
 
3.良質な油をとる
 
良質の油は、細胞の老化による肌のたるみやしわを予防する働きがあります。
普段の食事に、マグロ・さんま・いわし・さばなどの魚の油の成分であるオメガ3脂肪酸や、オリーブオイル・米油・ごま油・シソ油などの良質な油をとり入れて、カラダの酸化を防ぎましょう。
 
4.発酵食品をとる
 
発酵食品の味噌・漬物・納豆・きのこ・ヨーグルトなどをとり入れて、腸内環境を整えることで、美肌対策に役立ちます。
 
5.良質の睡眠をとる
 
睡眠はカラダを休め、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促します。規則正しい食生活を送ることで、良質な眠りへと導きます。
 
 
 
夏の肌のダメージは外側からと内側からのケアが大切です。内側からの対策には良質な食生活が欠かせません。今回ご紹介した内容を毎日の食生活にとり入れて、トラブルの改善に繋げてくださいね。
 

2017-09-15 16:33:27

日焼けした肌を白くする方法

日焼けした黒い肌を白くする方法4
 
1.それ以上の日焼けは防ぐ
 
まずは必須事項として、それ以上の日焼けは防ぐようにしましょう。日焼けによって肌が黒くなってしまったのが気になるのであれば、それ以上黒くならないように対策をするべきです。
日焼けをして肌が黒くなるほど、元の白い肌に戻るために必要な時間は増えるようになるので、日焼けを悪化させないようにしましょう。
きちんと防止などを被って日差しを遮ったり、日焼け止めクリームを塗ったりなどの基本的な対策を心がけてください。以下の記事では、日焼けの防止対策を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
2.十分な保湿を心がける
 
日焼けで肌が黒くなるのは、メラニン色素が肌に溜まることが原因となります。肌は時間が経つごとに表皮が生まれ変わり、古い表皮がアカとなって剥がれおちるターンオーバーを繰り返しています。
そのため、日焼けしてメラニンを含んだ角層も徐々に落ちるので、時間が経てば次第に日焼けした肌は元に戻るようになります。
そして、なるべく早い期間で元の白い肌に戻すためには、そのターンオーバーを早めることが重要となります。そのために必要なことが「保湿」です。
ターンオーバーは肌の状態が良くし、新陳代謝を高めることで活発になります。肌が荒れたり乾燥している状態ではターンオーバーは低下してしまうので、適度で十分な保湿を心がけて、肌の状態を良いものに保つようにしてください。
肌の状態が良くなれば、肌が生まれ変わる周期も早くなるので、日焼けを早い期間で元に戻すことができるでしょう。なお、保湿のしすぎもよくないので、適度な保湿をしましょう。
3.ビタミン類の栄養を摂取
 
食事で体の内側から取り込んだ栄養素で、日焼けした肌を白くすることも有効となります。特に、ビタミン類は肌を元に戻すのに有効です。
ビタミンCはメラニンの抑制効果で有名で、ビタミンEは肌の新陳代謝を活性化してくれるので、ターンオーバーを早めてくれます。
ビタミン類が豊富な野菜を取るようにするといいでしょう。サプリメントやジュースでもおすすめとなります。
4.美白化粧品を使う
 
美白のための化粧品を使うのも、日焼けした肌を白くするには効果的なものです。肌のターンオーバーを活性化してくれる成分が入っているので、より早く日焼けから元の状態に戻すことができます。
美白クリームや美白ローションなどが有名でしょう。化粧水にも美白効果のあるものもあり、それを使うことで同時に保湿対策をすることもできます。白い肌で秋をむかえましょうね。
 

2017-09-08 17:40:01

コメント(0)

十五夜(中秋の名月)のすすきの意味は?お月見のお供え物について

全国に広く分布する「すすき」は、日本人なら知らない人はいないほど身近な植物の1つです。古くは万葉集にすすきの和歌が数多く収録され、源氏物語や枕草子などにも描写が出てきます。現代でも秋のどこか物寂しいイメージとして、多くの方が野原に群生する黄金色のすすきを連想するのではないでしょうか。しかし、十五夜にすすきを飾る理由については意外と知られていません。ここでは十五夜のすすきの意味やお月見のお供え物についてご紹介します。
 
十五夜(中秋の名月)とは
中秋の名月の祭事はもともと中国から伝わり、日本では平安朝以降に貴族の間で盛んに催されました。江戸時代には一般庶民の間でも広く行われるようになり、次第に現在の形に変化しています。では、十五夜(中秋の名月)とはいつでしょうか。旧暦では秋を7月~9月としており、旧暦7月を「初秋」、旧暦8月を「仲秋」、旧暦9月を「晩秋」と区分しました。「仲秋」が旧暦8月の全体を指すことに対し、「中秋」は秋全体の中日を意味し、旧暦8月15日のみを指します。現代では旧暦と暦の数え方が異なるため、年によって十五夜の日が異なりますが、およそ9月の中旬~10月上旬に訪れます。
 
稲穂の代わりとしてのすすき
月の満ち欠けなどを用いて暦を計算した旧暦では、人々の生活と月は密接につながっていました。特に農作業に従事する人々は欠けたところのない満月を豊穣の象徴とし、秋の収穫の感謝を込めて芋や豆などの収穫物を月に供えました。しかし、稲穂はまだ穂が実る前の時期であることから、穂の出たすすきを稲穂に見立てて飾ったと言われています。
 
魔除けとしてのすすき
古くからすすきは神様の依り代と考えられていました。茎が中空(内部が空洞)のため、神様の宿り場になると信じられていたのです。また、すすきの鋭い切り口は、魔除けになるとも考えられました。そのため、お月見のすすきには悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が込められています。地域によってはお月見に飾ったすすきは捨てず、庭や水田に立てたり、軒先に吊ったりして、災いから田や家を守る風習が今でも残っています。
 
お月見の定番「月見団子」
月見団子はその名の通り、丸い団子で月を表現していると言われています。 また、十五夜は別名「芋名月」とも呼ばれ、里芋やさつまいもなどの芋類を供える地域があります。これは稲作以前の、里芋などの芋類を主食として食べていた頃に、十五夜に秋の収穫物である里芋を供えていた名残である説が有名です。つまり、十五夜に団子を供える理由は、里芋に形を似せるためでしょう。月見団子や芋類の他には枝豆や栗、果物などの秋の収穫物や水・酒などもお月見のお供え物として飾ります。お供えした食べ物はお月見が終わってから食べましょう。お供え物を体に取り入れることにより、健康や幸せを得ることができると考えられています。植物ではすすきに加え、ワレモコウやオミナエシなどの秋の七草も飾ります。
 
現在では、十五夜を楽しむ風習は薄れているかもしれません。昔の日本人と現代の日本人の生活様式は異なるため、仕方がないことです。しかし、空気が澄んで1年で最も月が美しく見える日が十五夜(中秋の名月)です。どれだけ時代が変わっても月の美しさだけは変わりません。すすきなど秋の植物を窓辺に飾り、月を見上げて名月の美しさを感じてはいかがでしょうか。
 

2017-09-08 17:00:53

コメント(0)

夏バテについて

夏バテの原因と対策
夏になると、体がだるくて、いつも疲れてる。
食欲もないし・・・。
なんていう症状は、「夏バテ」です。
「暑気あたり」ともいいます。
その名の通り、夏の暑さにやられたせいでなる
体調不良ですが、しっかり対策をすれば、
ある程度防ぐことができます。
 
夏バテ予防の対策はこれ!
夏バテの主な症状は、
だるさ、疲労感、食欲不振です。
それらは、次のことが原因です。
【夏バテの原因】
・高温多湿
気温が高くなるため、いっぱい汗をかいて体温を下げようとしますが、
湿度が高いと汗がちゃんと蒸発しません。
そのため、体温調節が上手く出来なくなり、
体内に熱がこもってしまいます。
また、暑いと汗をかきすぎて、水分や塩分が不足してしまいます。
そのため、だるさが続きます。
・自律神経の乱れ
暑い屋外から冷房の効いた室内へと出入りを繰り返すと、
急激な気温の変化や冷房が効き過ぎることによる冷えのせいで、
自律神経のバランスが乱れ、
体の調節機能がうまく働かなくなります。
血流も悪くなるので、胃腸の調子も悪くなり、
食欲不振になります。
・睡眠不足
熱帯夜が続くと暑さで寝られず、睡眠不足になります。
そのため、疲労の回復ができません。
そうならないように、でも、
もしなってしまった時の対策です。
【夏バテの対策】
・冷房で体を冷やし過ぎない。
職場など、自分では調節出来ない時は、
長袖を羽織る、ひざ掛けを使うなどしましょう。
温かいものを飲むようにするのもいいですよ。
・適度に運動する。
・シャワーばかりではなく、ぬるめのお風呂
ゆっくり浸かる。半身浴がおすすめ。
タンパク質やビタミンBの多い食事を摂る。
・暑くても冷たい食べ物や飲み物ばかりにしない。
食欲がない時に、無理に食べない。
胃腸が弱っている時は、消化の良いものを
少しずつ食べましょう。
睡眠をしっかり取る。
暑くて眠れないけど、冷房を入れっぱなしだと
冷えてしまう、という人も多いようです。
そういう場合は、寝る前に寝室を先に冷やしておきます。
そして、寝る時に冷房を切るか、
タイマーで1時間後くらいに切れるようにします。
また、敷ふとんやマットの上にゴザをひくと、
熱がこもりにくくなりますよ。
また、汗をいっぱいかくので、
水分補給を欠かさないようにしてください。
塩分も適度に必要なので、
ポカリスエットなどを2倍くらいに薄めたものを
飲むようにすると良いでしょう。
 
 

2017-08-09 08:13:18

コメント(0)

暑すぎて眠れない…の悩みを解消!

真夏の夜の寝苦しさは、暑さのためだけではなく、体温の変化にも理由があるってご存知ですか? 人の体は、一日の中で活動レベルに合わせて体温を変化させます。活動的な昼間から夕方にかけて体温を上げ、夜は下げることで体は眠る体勢に入っていきます。ところが、真夏の夜は気温と湿度が高いため、思うように体温は下がってくれません。夏の快眠のためには、寝る前に体温をしっかり下げることが必要なのです。
1.扇風機を賢く使う
直接体に当てるのではなく、壁に向かって使用します。「首フリ」や「リズム」モードで風に強弱をつけることで、自然な風の流れを室内に作り出します。うちわであおぐ程度の心地よい風が就寝時は快適です。
2.エアコンは3時間で切れるタイマー設定に
一般的に、夏の夜に快適に寝られる部屋の室温は26~28℃、睡眠のサイクルとして寝ついて3時間を快適に過ごせれば朝までぐっすり眠れると言われています。
3.寝室のクローゼットや押し入れを開けておく
クローゼットや押し入れは、熱がこもりやすい場所。扇風機やエアコンを使用する時に開けておけば、冷房効率を高めることができます。
4.寝具は涼感のある素材を
シーツはイグサ・麻などさらっとした素材のもの、ケットはガーゼやタオル地など吸汗性や通気性のあるものがおすすめです。
5.抱き枕で、隙間を作る
抱き枕は、敷き布団とからだの間に隙間を作って熱を逃がし、涼感を保つことができます。
6.就寝前は、ねるめのお風呂に
お風呂の温度は、38度前後のぬるめがベスト。ゆっくりとつかることで、血液の循環がよくなり、筋肉の緊張がほぐれていきます。またぬるめのお湯は副交感神経に働きかけ、気持ちをゆったりと落ち着かせてくれます。
7.入浴後15~30分後が就寝のタイミング
入浴後は15~30分後程度で汗が引き、体温が下がり始めます。そのタイミングで寝床に入りましょう。
8.就寝前の飲み物は常温で
就寝前に暑いからといって冷たいものを飲むと、冷えてしまった体を温めようと、人の体は体温を必要以上に上げてしまいます。これでは体温を下げることで眠くなるのに対し、逆効果です。
9.寝室にアロマオイル
清涼感のあるミント系の香りが体感温度を下げてくれます。
 

2017-08-08 09:49:49

コメント(0)

話題のオイル ギーについて

ココナッツオイルやオリーブオイル、アボカドオイル、亜麻仁油など…今やヘルシーオイルは大人気ですね。以前は「油=体に悪い」が定説でしたが、今はヘルシーなものを選べばオイルはむしろ美や健康の味方です。
そうした中、海外セレブや有名モデルの間で注目を集めているオイルがあります。バターから作られるヘルシーオイル、その名も、ギー(ghee)。「バターなのにヘルシー?」とちょっと不思議に思う人も多いかもしれませんね。今回はインド発のオイル、ギーについて紹介します。
 
☆ギーとは?☆
 
ギー(ghee)はインド発祥のバターオイル(すましバター)。簡単に言うとバターから水分やタンパク質を取り除いた、純度の高いオイルです。無塩バターから自分で作ることもできるそうです。
 
☆アーユルヴェーダとは?☆
 
ギーを語る上で切っても切り離せないのがアーユルヴェーダ。アーユルヴェーダと言うと日本ではエステやスパのイメージですが、アーユルヴェーダは古代インドで生まれ5000年以上の歴史を持つインドの伝承医学です。アーユルヴェーダの古典医学書「チャラカ・サンヒター」において、「ギーは記憶力、知力、消化力、勢力、オージャス(活力)を高める効果がある」「「解毒、解熱、疲労回復、滋養強壮などの作用もあり、ギーはその用い方により無数の効果をあげることが出来る」という記述があるそうです。つまり、アーユルヴェーダにおいてギーは最も優れたオイル、「最高の油」とされているのです。薬や宗教儀式などにも使われるギーは料理や食事療法だけではなくマッサージ・外用薬などの薬として使われることもあります。さらに、宗教的な儀式・結婚式・葬式においても用いられ、神像を沐浴させたりお供え物にするなど神聖なオイルとして様々な場面で珍重されています。
 
☆ギーの豊富な栄養素がもたらす驚きの美容、健康効果とは☆
 
世界最古の医学アーユルヴェーダにおいて最高の油とされるギーは、「次なるココナッツオイル」とも言われ、今、美に敏感な女性たちの間でじわじわと人気を高めています。ギーに秘められた効果には以下の栄養素たちが大きく関係しています。
<中鎖脂肪酸・短鎖脂肪酸・共役リノール酸・ビタミンA・ビタミンE>
 
☆ギーを摂取する際の注意点☆
 
ギーを摂取する上での注意点を紹介しておきます。ギーの効果を正しく得るために大切なことですのでぜひ覚えておいてくださいね。
*一日の摂取量は?
いくら最高の油、万能オイルと言っても、ギーは油です。1グラム当たり9キロカロリーですので、一日の摂取量は30cc以内を目安にしてください。気になるカロリー大体大さじ1杯で108キロカロリーと言われています。毎日摂取するようであれば一日あたり大さじ1杯に抑えましょう。
*一緒に摂取するのは控えて
アーユルヴェーダでギーとハチミツは同時に摂取すべきでないと言われています。毒が溜まる、それぞれの作用が打ち消されるなどの理由があるようです。また同じようにギーと魚も相性が良くないと言われています。
どんなに良いものであっても何でも摂取し過ぎは良くありません。また、胸やけや炎症、発疹などの症状があらわれた場合は使用を中止しましょう。
*天ぷらなどには使用しないで!またパンやケーキ作りにも不向きです。
 
☆まとめ☆
 
多くの効果を持つギー。ぜひ日々の生活に取り入れてみましょう!
オイルとして飲み物や料理に、ヘルシーなバターとして使えばいろいろな使い方が出来ますよ。白湯やホットミルクに朝の白湯や寝る前のホットミルクなどにギーを小さじ一杯加えます。バターコーヒーのようにコーヒーにプラスするのもおすすめです。トーストやパンにバターの代わりにギーを朝食の食卓に置くのも良いですね。いつものトーストやパンがまた違った味わいになりますよ。サラダにかけてオリーブオイルのように使うのもバターの風味が感じられて美味しいですよ。調理用の油としてギーは焦げにくいので炒め物に、風味付けに、様々な料理に使えます。
 
正しく取り入れてギーの効果を楽しみたいものですね。
 

2017-07-18 07:38:35

コメント(0)

七夕の歴史

七夕の由来と意味を知ってますか?
7月7日は七夕。
七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読みます。
この日は、
『願い事を書いた色とりどりの短冊』や『飾り』を笹の葉につるして、星にお祈りをします。
日本人なら誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。
 
夏の風物詩のひとつともいえる七夕は、地域によっては
「笹の節供」「星祭り」とも呼ばれ、古くから日本で行われているお祭り行事のひとつです。
願い事を短冊に込めてお願いする七夕の行事ですが、その由来は元々は違った意味から始まったとされています。
〈七夕の由来とは?〉
七夕の歴史は古く、奈良時代に中国から伝わった行事などにルーツがあると言われています。
日本人にとって馴染み深い行事が、中国に端を発し、それが長い間大切にされて、現代に伝わっているというのはロマンを感じます。
最初は宮中で行われていた七夕は江戸時代、幕府から「五節句(五節供)」の一つに定められたことをキッカケに、広く親しまれるようになり現在に至っています。
五節句というのは、季節ごとの食物を神に供えて節日を祝う儀式のことです。
七夕のお願い事の起源はどこから?
七夕に願い事をするという行事は、どのようにして始まったのでしょうか?
その起源には諸説あるんですが、織姫と彦星の伝説も含まれた以下の3つの原型が合わせられたものと言われています。
 

2017-07-08 11:55:10

コメント(0)

「正しいリズム」で毎日快適、毎日キレイな夏へ

高温多湿で疲れやすく、ついダラダラしてしまいがちな夏。

オンとオフの切り替えが難しいため、身体や心、肌のリズムが乱れやすくなり、キレイが遠ざかりやすいシーズンです。しかし、毎日の「正しいリズム」を心がけると、今日の疲れを翌朝に持ち越すことを防ぎ、さらに日中受けたダメージが「なかったことになる」という嬉しい効果が得られます。

 

朝は一杯の水からスタート

 まずは起床後30分以内のコップ1杯分の水分を補給して、身体を潤わすことから1日を始めましょう。睡眠時間を仮に7時間とした場合、7時間もの間食べ物も水分も一切補給してない状況の中、コップ1杯分の寝汗をかいたり、呼吸や肌から自然と水分が蒸発していたりと体内は朝にかけて砂漠化していきます。細胞がいきいきと甦るために、そして身体の活動をスイッチオンにするために、起きがけ1杯の水は大切な習慣なのです。

 

正しい「食事リズム」はキレイへの近道

 体内時計のリズムは光や食事のタイミングによって調整されるため、起床後すぐに空を見上げて光を浴び、1時間以内に朝食を食べることが必要です。また、1日3食を規則正しく同じ時間に摂ることも体内時計の精度を上げるためには欠かせないです。昼食は13時まで、夕食は20時までに食べ終えておくことで身体のリズムが正常化されます。なお、身体の火照りを冷まし、必要な栄養素を補給できるトマトやナス、ピーマンなどの夏野菜を積極的に摂取することが、夏の元気とキレイを育むための賢い食べ方です。

 

お風呂でおやすみスイッチを入れる

 就寝1時間前になったらお風呂に20分程度つかって全身を温め、心身を緩めて緊張から解放する。夏は薄着なうえ冷房により身体が冷え切っているケースが多いのですが、湯船につかることで疲れがたまりやすい首までじっくり温めることができます。全身の血行がよくなって肌のすみずみにフレッシュな酸素や栄養素が行きわたるようになるので、美容効果も絶大です。生活モードだった身体や心、脳をおやすみモードに切り替えるために、香りを活用するのがおすすめ。香りは気持ちを沈静化させ、心と身体、両方のバランスをとるように働きかけてその後の快眠を約束してくれます。

 

正しい生活リズムを心がけることで、身体、心、肌のリズムを整え、「毎日快適、毎日キレイ」を手に入れましょう。

2017-07-07 12:57:29

コメント(0)

血液サラサラにして脳梗塞予防

過去にTV番組や雑誌などで特集を組まれブームになった血液サラサラ。やらせ騒動などでブームは去りましたが、血液のスムーズな流れはブームの有無にかかわらず重要です。特に最近では、中年や高齢者だけでなく若者の間でも血液が詰まり気味になってきているようです。血液がドロドロになって 血管の移動がスムーズでなくなると血管がつまりやすくなるので心筋梗塞や脳梗塞などの血管がつまる病気にかかりやすくなります。特にタバコをよく吸う人や、お酒をよく飲む人、水分を普段あまりとらないような人は、血液の流れが悪くなっている可能性があるので注意が必要です。
 
☆血液ドロドロはなぜ悪い☆
 
血液がドロドロになると、血栓という血液の塊ができなやすくなる、血液の流れがとどこおるので動脈硬化や高血圧になりやすくなるなどの危険性が高まります。また、 血流が悪くなることで末端の血管までスムーズに血液が流れず「冷え」の原因になったり、体がだるい、疲れやすいなどの症状がでる こともあります。血液の流れを改善するためには食事内容や運動を行うといったほかの生活習慣病の予防や改善にもつながることがほとんどです。血液ドロドロの解消とともに健康的な体で健やかに過ごしてください。
 
☆血液サラサラにするには☆
 
血液をサラサラにするためには、 普段からの生活習慣が大切です。一時的に血液がサラサラになる食べ物をたくさん食べても、そのときだけ血液がサラサラになって血栓や動脈硬化などの根本的な予防にはなりません。特に「運動をする」「バランスの良い食事をとる」「ストレスをためない」などは血液サラサラのためだけでなく他の病気の要望に効果的なので、できるだけ実践してください。
 
☆血液サラサラの食べ物☆
 
血液をサラサラにする食べ物は食物繊維が豊富な野菜、青魚、大豆など。逆にあまりよくないのが、脂の多い肉や揚げ物、糖分、アルコールなどです。このように血液サラサラに良い食品などを提示するとそればかり食べる方もいますが、 一番大事なのはバランス です。例えば、カルシウムはビタミンによって吸収率があがるなど、ほかの栄養素と組み合わさって効果が上がる食べ物などもあります。野菜や青魚を中心にするのはもちろん良いですが、そればかりを食べ過ぎたりしないように注意してください。
 
☆まとめ☆
 
血液をサラサラにすることは、血栓や動脈硬化の予防につながります。また、血液をサラサラにするための食事や運動の習慣などは、他の生活習慣病の予防にもつながります。血液をサラサラにすることで、以下のような症状を改善できる可能性があります。
 
 ・血液の流れがよくなるので肩こり、冷えの症状が緩和される
 ・老廃物を素早く処理できるので疲れが溜まらなくなる
 ・子宮に栄養がよく届くので卵や内膜の状態がよくなる
 ・脳に血液が回るようになるので、仕事や勉強がはかどる
 ・目に血液がいきわたると視力が回復する
 
血液をサラサラにすることは、血流の流れをよくし体全体に血液を流すことにつながり健康によい影響を与えます。まずは和食中心の食事から健康維持に努めてください。
いずれにしても、生活リズムの見直しと食習慣の改善がベースとなります。あせらず地道に続けていくことが重要ですので、ぜひがんばってください。皆様の血液改善に少しでもお役に立てましたら幸いです。
 

2017-06-19 13:03:58

コメント(0)

梅雨時期に咲く紫陽花(あじさい)はなぜ色が変化するの?

梅雨の時期に咲く花として思い浮かべるのが紫陽花。そんな紫陽花ですが、場所によって色は様々です。また、同じ場所に咲いている紫陽花でも時期によって色が変わります。そこで今回は紫陽花の語源、なぜ紫陽花の色が変わるのか、そして紫陽花に込められた花言葉について紹介したいと思います。
 
紫陽花の語源
紫陽花はバラ目アジサイ科アジサイ属の花で、初夏に小さな花が球状に広がって咲きます。そんな紫陽花(あじさい)は昔、「あづさヰ」「あぢさヰ」と呼ばれていました。「あづ(あぢ)」は小さいものが集まることを意味します。また「さヰ」は「真藍(さあい)」を略したものです。なお、紫陽花は様々に色を変化させることから「七変化」、また花びらが4枚なので「よひら」ともいわれています。
 
紫陽花の色が変化する理由
紫陽花の別名は「七変化」。紫陽花は同じ品種でも様々に色を変えますが、その理由は大きく2つあります。
1.季節による変化
花が長く咲き続けるにつれ、花の色素が分解されていくために起こる現象で、老化現象の一種と見られます。
2.土壌による変化
  同じ季節に咲いた花でも場所によって色が違うことがあります。これは、土壌の酸度(pH)の違いによって起こります。紫陽花の花が色をつけるとき、アントシアニン系色素が働きます。アントシアニン系色素はアルミニウムを吸収すると青色に、吸収しないとピンク色になります。そして、アルミニウムは酸性の土壌にはよく溶け込んでいるのですが、アルカリ性の土壌にはあまり溶け込んでいません。そのため、酸性の土壌に紫陽花を植えると青色に、アルカリ性の土壌に紫陽花を植えるとピンク色になります。ただし、もともと青色の花をつける紫陽花を中性~弱アルカリ性の土壌に植えた場合、赤色を帯びた紫色になります。また、もともとピンク色の花をつける紫陽花を酸性の土壌に植えた場合、青色を帯びた紫色になります。このように、花の品種によっては土壌によってきれいな色にならない場合もあるため、販売用の紫陽花は土壌を調整し、きれいな色に仕上げています。なお、白色系の紫陽花の場合、色素が含まれていないため、土壌によって色が変化することもありません。
 
紫陽花の花言葉
季節や土の性質によって様々に色を変化させる紫陽花。そんな紫陽花の花言葉は「移り気」です。このことから、結婚式や大切な人に贈る際には避けられてきた花とされています。
ただし、紫陽花は小さな花が集まって咲くことから、「家族団らん」「家族の結びつき」といった花言葉もあります。そのため、最近ではジューンブライドに合わせて、結婚式などでも紫陽花が利用されるようになってきているそうです。
 

2017-06-09 17:54:30

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5