さかき歯科クリニック

さかき歯科クリニック|矯正歯科 ホワイトニング インプラント 岡山市

当院は岡山市中心部・JR岡山駅近くの歯科医院です。  主な診療科目は、虫歯・歯周病などの一般歯科および矯正歯科となっております。 また、インプラントやホワイトニングも積極的に行っており、お口に関する様々な問題を患者さんと一緒に解決して、健康できれいな歯を取り戻す手助けができればと考えておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

 

トゥースフェアリー

 

歯科医院.com

 

EPARK

 

HOME»  コラム

コラム

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

話題のオイル ギーについて

ココナッツオイルやオリーブオイル、アボカドオイル、亜麻仁油など…今やヘルシーオイルは大人気ですね。以前は「油=体に悪い」が定説でしたが、今はヘルシーなものを選べばオイルはむしろ美や健康の味方です。
そうした中、海外セレブや有名モデルの間で注目を集めているオイルがあります。バターから作られるヘルシーオイル、その名も、ギー(ghee)。「バターなのにヘルシー?」とちょっと不思議に思う人も多いかもしれませんね。今回はインド発のオイル、ギーについて紹介します。
 
☆ギーとは?☆
 
ギー(ghee)はインド発祥のバターオイル(すましバター)。簡単に言うとバターから水分やタンパク質を取り除いた、純度の高いオイルです。無塩バターから自分で作ることもできるそうです。
 
☆アーユルヴェーダとは?☆
 
ギーを語る上で切っても切り離せないのがアーユルヴェーダ。アーユルヴェーダと言うと日本ではエステやスパのイメージですが、アーユルヴェーダは古代インドで生まれ5000年以上の歴史を持つインドの伝承医学です。アーユルヴェーダの古典医学書「チャラカ・サンヒター」において、「ギーは記憶力、知力、消化力、勢力、オージャス(活力)を高める効果がある」「「解毒、解熱、疲労回復、滋養強壮などの作用もあり、ギーはその用い方により無数の効果をあげることが出来る」という記述があるそうです。つまり、アーユルヴェーダにおいてギーは最も優れたオイル、「最高の油」とされているのです。薬や宗教儀式などにも使われるギーは料理や食事療法だけではなくマッサージ・外用薬などの薬として使われることもあります。さらに、宗教的な儀式・結婚式・葬式においても用いられ、神像を沐浴させたりお供え物にするなど神聖なオイルとして様々な場面で珍重されています。
 
☆ギーの豊富な栄養素がもたらす驚きの美容、健康効果とは☆
 
世界最古の医学アーユルヴェーダにおいて最高の油とされるギーは、「次なるココナッツオイル」とも言われ、今、美に敏感な女性たちの間でじわじわと人気を高めています。ギーに秘められた効果には以下の栄養素たちが大きく関係しています。
<中鎖脂肪酸・短鎖脂肪酸・共役リノール酸・ビタミンA・ビタミンE>
 
☆ギーを摂取する際の注意点☆
 
ギーを摂取する上での注意点を紹介しておきます。ギーの効果を正しく得るために大切なことですのでぜひ覚えておいてくださいね。
*一日の摂取量は?
いくら最高の油、万能オイルと言っても、ギーは油です。1グラム当たり9キロカロリーですので、一日の摂取量は30cc以内を目安にしてください。気になるカロリー大体大さじ1杯で108キロカロリーと言われています。毎日摂取するようであれば一日あたり大さじ1杯に抑えましょう。
*一緒に摂取するのは控えて
アーユルヴェーダでギーとハチミツは同時に摂取すべきでないと言われています。毒が溜まる、それぞれの作用が打ち消されるなどの理由があるようです。また同じようにギーと魚も相性が良くないと言われています。
どんなに良いものであっても何でも摂取し過ぎは良くありません。また、胸やけや炎症、発疹などの症状があらわれた場合は使用を中止しましょう。
*天ぷらなどには使用しないで!またパンやケーキ作りにも不向きです。
 
☆まとめ☆
 
多くの効果を持つギー。ぜひ日々の生活に取り入れてみましょう!
オイルとして飲み物や料理に、ヘルシーなバターとして使えばいろいろな使い方が出来ますよ。白湯やホットミルクに朝の白湯や寝る前のホットミルクなどにギーを小さじ一杯加えます。バターコーヒーのようにコーヒーにプラスするのもおすすめです。トーストやパンにバターの代わりにギーを朝食の食卓に置くのも良いですね。いつものトーストやパンがまた違った味わいになりますよ。サラダにかけてオリーブオイルのように使うのもバターの風味が感じられて美味しいですよ。調理用の油としてギーは焦げにくいので炒め物に、風味付けに、様々な料理に使えます。
 
正しく取り入れてギーの効果を楽しみたいものですね。
 

2017-07-18 07:38:35

コメント(0)

七夕の歴史

七夕の由来と意味を知ってますか?
7月7日は七夕。
七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読みます。
この日は、
『願い事を書いた色とりどりの短冊』や『飾り』を笹の葉につるして、星にお祈りをします。
日本人なら誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。
 
夏の風物詩のひとつともいえる七夕は、地域によっては
「笹の節供」「星祭り」とも呼ばれ、古くから日本で行われているお祭り行事のひとつです。
願い事を短冊に込めてお願いする七夕の行事ですが、その由来は元々は違った意味から始まったとされています。
〈七夕の由来とは?〉
七夕の歴史は古く、奈良時代に中国から伝わった行事などにルーツがあると言われています。
日本人にとって馴染み深い行事が、中国に端を発し、それが長い間大切にされて、現代に伝わっているというのはロマンを感じます。
最初は宮中で行われていた七夕は江戸時代、幕府から「五節句(五節供)」の一つに定められたことをキッカケに、広く親しまれるようになり現在に至っています。
五節句というのは、季節ごとの食物を神に供えて節日を祝う儀式のことです。
七夕のお願い事の起源はどこから?
七夕に願い事をするという行事は、どのようにして始まったのでしょうか?
その起源には諸説あるんですが、織姫と彦星の伝説も含まれた以下の3つの原型が合わせられたものと言われています。
 

2017-07-08 11:55:10

コメント(0)

「正しいリズム」で毎日快適、毎日キレイな夏へ

高温多湿で疲れやすく、ついダラダラしてしまいがちな夏。

オンとオフの切り替えが難しいため、身体や心、肌のリズムが乱れやすくなり、キレイが遠ざかりやすいシーズンです。しかし、毎日の「正しいリズム」を心がけると、今日の疲れを翌朝に持ち越すことを防ぎ、さらに日中受けたダメージが「なかったことになる」という嬉しい効果が得られます。

 

朝は一杯の水からスタート

 まずは起床後30分以内のコップ1杯分の水分を補給して、身体を潤わすことから1日を始めましょう。睡眠時間を仮に7時間とした場合、7時間もの間食べ物も水分も一切補給してない状況の中、コップ1杯分の寝汗をかいたり、呼吸や肌から自然と水分が蒸発していたりと体内は朝にかけて砂漠化していきます。細胞がいきいきと甦るために、そして身体の活動をスイッチオンにするために、起きがけ1杯の水は大切な習慣なのです。

 

正しい「食事リズム」はキレイへの近道

 体内時計のリズムは光や食事のタイミングによって調整されるため、起床後すぐに空を見上げて光を浴び、1時間以内に朝食を食べることが必要です。また、1日3食を規則正しく同じ時間に摂ることも体内時計の精度を上げるためには欠かせないです。昼食は13時まで、夕食は20時までに食べ終えておくことで身体のリズムが正常化されます。なお、身体の火照りを冷まし、必要な栄養素を補給できるトマトやナス、ピーマンなどの夏野菜を積極的に摂取することが、夏の元気とキレイを育むための賢い食べ方です。

 

お風呂でおやすみスイッチを入れる

 就寝1時間前になったらお風呂に20分程度つかって全身を温め、心身を緩めて緊張から解放する。夏は薄着なうえ冷房により身体が冷え切っているケースが多いのですが、湯船につかることで疲れがたまりやすい首までじっくり温めることができます。全身の血行がよくなって肌のすみずみにフレッシュな酸素や栄養素が行きわたるようになるので、美容効果も絶大です。生活モードだった身体や心、脳をおやすみモードに切り替えるために、香りを活用するのがおすすめ。香りは気持ちを沈静化させ、心と身体、両方のバランスをとるように働きかけてその後の快眠を約束してくれます。

 

正しい生活リズムを心がけることで、身体、心、肌のリズムを整え、「毎日快適、毎日キレイ」を手に入れましょう。

2017-07-07 12:57:29

コメント(0)

血液サラサラにして脳梗塞予防

過去にTV番組や雑誌などで特集を組まれブームになった血液サラサラ。やらせ騒動などでブームは去りましたが、血液のスムーズな流れはブームの有無にかかわらず重要です。特に最近では、中年や高齢者だけでなく若者の間でも血液が詰まり気味になってきているようです。血液がドロドロになって 血管の移動がスムーズでなくなると血管がつまりやすくなるので心筋梗塞や脳梗塞などの血管がつまる病気にかかりやすくなります。特にタバコをよく吸う人や、お酒をよく飲む人、水分を普段あまりとらないような人は、血液の流れが悪くなっている可能性があるので注意が必要です。
 
☆血液ドロドロはなぜ悪い☆
 
血液がドロドロになると、血栓という血液の塊ができなやすくなる、血液の流れがとどこおるので動脈硬化や高血圧になりやすくなるなどの危険性が高まります。また、 血流が悪くなることで末端の血管までスムーズに血液が流れず「冷え」の原因になったり、体がだるい、疲れやすいなどの症状がでる こともあります。血液の流れを改善するためには食事内容や運動を行うといったほかの生活習慣病の予防や改善にもつながることがほとんどです。血液ドロドロの解消とともに健康的な体で健やかに過ごしてください。
 
☆血液サラサラにするには☆
 
血液をサラサラにするためには、 普段からの生活習慣が大切です。一時的に血液がサラサラになる食べ物をたくさん食べても、そのときだけ血液がサラサラになって血栓や動脈硬化などの根本的な予防にはなりません。特に「運動をする」「バランスの良い食事をとる」「ストレスをためない」などは血液サラサラのためだけでなく他の病気の要望に効果的なので、できるだけ実践してください。
 
☆血液サラサラの食べ物☆
 
血液をサラサラにする食べ物は食物繊維が豊富な野菜、青魚、大豆など。逆にあまりよくないのが、脂の多い肉や揚げ物、糖分、アルコールなどです。このように血液サラサラに良い食品などを提示するとそればかり食べる方もいますが、 一番大事なのはバランス です。例えば、カルシウムはビタミンによって吸収率があがるなど、ほかの栄養素と組み合わさって効果が上がる食べ物などもあります。野菜や青魚を中心にするのはもちろん良いですが、そればかりを食べ過ぎたりしないように注意してください。
 
☆まとめ☆
 
血液をサラサラにすることは、血栓や動脈硬化の予防につながります。また、血液をサラサラにするための食事や運動の習慣などは、他の生活習慣病の予防にもつながります。血液をサラサラにすることで、以下のような症状を改善できる可能性があります。
 
 ・血液の流れがよくなるので肩こり、冷えの症状が緩和される
 ・老廃物を素早く処理できるので疲れが溜まらなくなる
 ・子宮に栄養がよく届くので卵や内膜の状態がよくなる
 ・脳に血液が回るようになるので、仕事や勉強がはかどる
 ・目に血液がいきわたると視力が回復する
 
血液をサラサラにすることは、血流の流れをよくし体全体に血液を流すことにつながり健康によい影響を与えます。まずは和食中心の食事から健康維持に努めてください。
いずれにしても、生活リズムの見直しと食習慣の改善がベースとなります。あせらず地道に続けていくことが重要ですので、ぜひがんばってください。皆様の血液改善に少しでもお役に立てましたら幸いです。
 

2017-06-19 13:03:58

コメント(0)

梅雨時期に咲く紫陽花(あじさい)はなぜ色が変化するの?

梅雨の時期に咲く花として思い浮かべるのが紫陽花。そんな紫陽花ですが、場所によって色は様々です。また、同じ場所に咲いている紫陽花でも時期によって色が変わります。そこで今回は紫陽花の語源、なぜ紫陽花の色が変わるのか、そして紫陽花に込められた花言葉について紹介したいと思います。
 
紫陽花の語源
紫陽花はバラ目アジサイ科アジサイ属の花で、初夏に小さな花が球状に広がって咲きます。そんな紫陽花(あじさい)は昔、「あづさヰ」「あぢさヰ」と呼ばれていました。「あづ(あぢ)」は小さいものが集まることを意味します。また「さヰ」は「真藍(さあい)」を略したものです。なお、紫陽花は様々に色を変化させることから「七変化」、また花びらが4枚なので「よひら」ともいわれています。
 
紫陽花の色が変化する理由
紫陽花の別名は「七変化」。紫陽花は同じ品種でも様々に色を変えますが、その理由は大きく2つあります。
1.季節による変化
花が長く咲き続けるにつれ、花の色素が分解されていくために起こる現象で、老化現象の一種と見られます。
2.土壌による変化
  同じ季節に咲いた花でも場所によって色が違うことがあります。これは、土壌の酸度(pH)の違いによって起こります。紫陽花の花が色をつけるとき、アントシアニン系色素が働きます。アントシアニン系色素はアルミニウムを吸収すると青色に、吸収しないとピンク色になります。そして、アルミニウムは酸性の土壌にはよく溶け込んでいるのですが、アルカリ性の土壌にはあまり溶け込んでいません。そのため、酸性の土壌に紫陽花を植えると青色に、アルカリ性の土壌に紫陽花を植えるとピンク色になります。ただし、もともと青色の花をつける紫陽花を中性~弱アルカリ性の土壌に植えた場合、赤色を帯びた紫色になります。また、もともとピンク色の花をつける紫陽花を酸性の土壌に植えた場合、青色を帯びた紫色になります。このように、花の品種によっては土壌によってきれいな色にならない場合もあるため、販売用の紫陽花は土壌を調整し、きれいな色に仕上げています。なお、白色系の紫陽花の場合、色素が含まれていないため、土壌によって色が変化することもありません。
 
紫陽花の花言葉
季節や土の性質によって様々に色を変化させる紫陽花。そんな紫陽花の花言葉は「移り気」です。このことから、結婚式や大切な人に贈る際には避けられてきた花とされています。
ただし、紫陽花は小さな花が集まって咲くことから、「家族団らん」「家族の結びつき」といった花言葉もあります。そのため、最近ではジューンブライドに合わせて、結婚式などでも紫陽花が利用されるようになってきているそうです。
 

2017-06-09 17:54:30

コメント(0)

妊婦さん必見!妊娠中に控えたい食べ物

 

妊娠すると、赤ちゃんへの影響を考え今まで通りの食事を続けていいのか気になりますよね。神経質になることはありませんが、中には気を付けないといけないものもありますので、知っておくことが大切です。

 

妊娠中に口にしてはいけないもの

・アルコール

妊娠中にママが飲んだアルコールは血液を通してそのままお腹の赤ちゃんへ届きます。その結果、流産・死産・胎児性アルコール症候群による先天性疾患など、赤ちゃんに及ぼすリスクが高いため、妊娠がわかった時点ですぐに禁酒しましょう。

最近はノンアルコール飲料も多く販売されていますが、少量のアルコールが含まれている商品もあります。しっかり確認し、必ずアルコール0%のものを選びましょう。

料理酒は加熱することでアルコール分が飛ぶので使用しても問題ありません。

 

妊娠中に気を付けたい食べ物

・マグロなどの大型魚

マグロなどの大型の魚や金目鯛などの深海魚類には水銀が含まれています。赤ちゃんは水銀をカラダの外に出すことが出来ないので、ママがマグロなどを大量に食べると赤ちゃんの中枢神経に悪影響を及ぼす可能性があります。良質なタンパク質やDHAが豊富に含まれている魚も多いため、マグロ・メカジキ・金目鯛などは週に1回までを目安にしましょう。

【水銀が比較的多く含まれる代表的な魚】

マグロ類:本マグロ・ミナミマグロ(インドマグロ)・メバチマグロ・カジキマグロなど

深海魚類:金目鯛・ムツ・ウスメバル・ユメカサゴなど

さんま・いわし・さばなどは水銀の含有量が少ないので、普通に食べても大丈夫です。

妊娠中はホルモンバランスが変化することで免疫力が下がるため、食中毒にかかりやすくなることがあります。刺身・寿司など生で魚を食べる場合は、食中毒に気を付けましょう。

・ナチュラルチーズ・生ハム

加熱殺菌をしていないナチュラルチーズ(カマンベールチーズ・ブルーチーズなど)・生ハム・スモークサーモンなどには、食中毒を引き起こすトキソプラズマやリステリア菌が付いていることがあります。この菌は妊娠中に感染しやすく、冷蔵庫でも増殖するため注意が必要です。(国内大手メーカーの商品は衛生管理が徹底されているものが多いので、海外や個人で作ったものに注意。)

また、生卵にも同じく食中毒を引き起こすサルモネラ菌が付いていることも。妊娠中は生ものを避け、できるだけ加熱して食べるようにしましょう。

・カフェイン

コーヒー・紅茶・日本茶などに含まれるカフェインは、ママから胎盤を通って赤ちゃんへ届くため、未熟な赤ちゃんのカラダに負担をかけてしまいます。また、それぞれの飲み物に含まれているタンニンという渋み成分が鉄の吸収を妨げるため、ママが貧血になりやすくなることも。

カフェインの適度な摂取はリラックス効果が期待できるので、112杯程度は飲んでも問題ないと言わていますが、できるだけ摂取は控えて麦茶・ルイボスティー・ゴボウ茶・タンポポ茶などのノンカフェインのものを利用しましょう。

 

・ビタミンA(動物性由来)

妊娠初期は動物性ビタミンA(レチノール)を多く含むうなぎやレバーなどを食べ過ぎないように注意しましょう。体外に排出されにくいので、赤ちゃんが奇形・先天異常などの障害を持つリスクが高まります。毎日継続的に食べ続けない限り過剰な心配をすることはありませんが、レバーの焼き鳥だと週1本まで、うなぎのかば焼きも週1回までが目安となります。

緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変換されるのでたくさん摂っても心配ありません。

・添加物

化学調味料や人口添加物はどのくらいの量でどのような影響があるのか具体的にはわかっていません。ですが、インスタント食品・加工食品・外食などは添加物以外にも塩分・脂質などが多く含まれているものもありますので、できる範囲で食事は手作りを心がけましょう。

 

「妊娠中は食事の制限が多い」というイメージもあるかもしれませんが、妊娠をきっかけに食生活を見直してみては。赤ちゃんのためを考えて取り組んでみてください。

2017-06-08 09:24:27

梅雨時期の髪の湿気対策

梅雨時期の髪の湿気対策
 

湿気と髪の関係
 
湿気が高くなると、髪質によっては変化が生じます。たとえば、もともとくせ毛の人は、髪が広がる、うねるなどの悩みを抱えるようになります、普段よりもくせがひどく出てしまうのです。髪の毛と湿気にはどのような関係があるでしょうか?
髪の毛には、通常約11~16%の水分があるといわれています。湿気が高いと髪へ水分が吸い込まれて髪の毛が膨張してまっすぐな状態を保てないのです。特にダメージを受けているとタンパク質が不足し、髪の内部がいびつになってしまいます。結果としてよりくせが出やすいのです。
広がり・うねりを抑えるヘアケア術 ホームケア編
 

湿気による髪の毛の広がりやうねりを抑えるためのポイントはドライです。
基本は髪を洗ってからすぐに髪の毛を乾かすようにしましょう。
根元から広がりをつぶすようなイメージで、風を当てて生きます。上から風を当てるとキューティクルがしまって、癖がつきにくいです。
半渇き状態になったらオイルをつけます。
このときに気をつけたいのはオイルは耳より下につけるということです。お勧めのオイルはテクスチャーの軽い椿オイルやアボガドオイルなどです。特に毛先につけましょう。
そして、7~8割乾いたところで、ブローを始めます。仕上げは冷風でしっかりと水分を飛ばすことです。最後にはいつもよりも多めにブラッシングをしましょう。ブラッシングをすることで、水気を飛ばすことができます。
朝にブローした形をキープしたいのであれば、セミハードタイプのスプレーを一振りしましょう。これによって髪の毛がコーティングされます。湿気が髪の毛に入り込むのを防ぎます。
髪が傷いでいると、髪の毛の断面の傷から水分が入りやすくなります。つまり髪の毛が痛んでいる人ほどこそ、湿気にまつわるトラブルに見舞われる率が高いのです。
よって湿気の高い時期にはなおさら、ダメージケアを欠かさないようにしましょう。
いつもよりも多めのトリートメントを使用する、ヘアパックをするなどの工夫をして、ダメージを減らすようにしましょう。洗い流さないトリートメントなども有効なアイテムといえます。
 

2017-06-05 08:09:55

コメント(0)

鯉のぼりの意味

日本では端午の節句に五月人形や鎧飾りなどを飾り庭には鯉のぼりを立てるのが一般的な風習ですが鯉のぼりはいつからどのような由来で立てるようになったのでしょうか?また現代では核家族化が進み、三世代同居という生活はほとんど見られなくなり、少子化と相まって鯉のぼりを掲げる家庭も減ってきているようですが、日本の春を象徴する代表的な風景なので今月のコラムは鯉のぼりについてご紹介したいと思います。
 
 
端午の節句とは
端午の節句はもともと古来中国で始まった厄払いの行事でした。日本でもまず宮廷でその風習が広がり、宮廷から武家へ、そして武家から庶民へと時代とともに浸透していきます。
 
 
鯉のぼりの由来
端午の節句はその後、男児の厄除けと成長を祈る行事となりました。武家では男児が誕生すると災難や魔除けとして、玄関に幟(のぼり)や吹流しを立て、五月人形や兜など飾るようになりました。江戸時代になると、将軍家に男児が誕生した場合、家紋のついた旗指物や五色(赤・青・黄・白・黒)の吹き流しや幟(のぼり)を立ててお祝いする風習となりました。やがてこの風習が武家に広がり、男の子が生まれると幟(のぼり)を立てるようになりました。その後、庶民の間で立身出世の象徴である鯉を幟(のぼり)にするように変化していきます。当初は紙に鯉の絵を描いた物でしたが、大正時代になると布で作った真鯉(まごい:黒色の鯉)が登場します。明治時代頃になると緋鯉(ひごい:赤色の鯉)ができ、さらに、昭和に入って子鯉(こごい:青色の鯉)も増えて、鯉のぼりは幸せな家族の象徴のようなイメージとなりました。
 
 
鯉のぼりの意味
立身出世の象徴である鯉を幟(のぼり)とした鯉のぼりは男の子の健やかな成長を祝い、出世を願うという意味が込められています。鯉の上についている五色の吹き流しは五行説に由来し邪気を祓うという意味があります。
 
 

2017-05-12 09:06:12

コメント(0)

春の紫外線について

春の紫外線について
3月であっても、紫外線の量は残暑厳しい9月とほぼ変わらず5月が一番多いと言われています。
夏にちゃんと対策をしても、春は浴び放題では肌を危険にさらしてしまっているのです。
また、紫外線によるダメージは蓄積されます。「昨日は対策しなかったけど、今日はしっかりしたから大丈夫」というわけにはいきません。油断した分はシミやシワの原因として、肌にしっかり記録されてしまいます。
春は紫外線量が多い割に気温が低いので、より一層油断をしてしまいがちです。
春こそ夏より気を引き締めて、積極的な紫外線対策を心がけましょう。
具体的な紫外線対策
基本的な紫外線対策はまず日焼け止めを塗ることです。
顔だけでなく表に出している肌全てに塗るようにしましょう。
特にうなじやデコルテは冬の間は服で隠れていた分、対策を忘れてしまいやすい場所です。春は服装が大きく変化する時期ですから、鏡を見ながらの細かなチェックがおすすめです。
日焼け止めは、UVAを抑える効果を表す指標としてPA、UVBを抑える効果を表す指標としてSPFが用いられています。
<肌老化を引き起こすUVA、UVBとは>

  • 肌の奥まで届く「紫外線A波(UV-A)」雲や窓ガラスを通り抜けやすいため、気候や場所に関係なく注意が必要です。肌の奥深くまで到達し、コラーゲンを変性させ、しわやたるみなどの原因になります。
     
  • 肌を赤くする「紫外線B波(UV-B)」波長が短い分オゾン層や雲に阻まれ地上到達量は全紫外線量の約10%と、少量で表皮までしか届かないのが特徴です。しかし、表皮に及ぼすダメージが強力で、表皮を赤くさせ炎症(やけど)を引き起こし、シミやそばかすの原因に。
    使用する日焼け止めは、紫外線の量で決めましょう。短時間の外出でも、紫外線が強い場所なら高い数値のものがおすすめです。ただし、数値が高いものは肌への負担も増えてしまうので、自分の肌質に応じて選んでくださいね。
    SPFやPAが低いものでも、重ねて使うことでカット効果を強くすることもできます。ただ、時間が経ったり汗をかいたりすると効果が弱まるので、こまめに塗り直してくださいね。顔の場合は、UVカット機能のある化粧下地やファンデーションも有効なのでためしてみてくださいね。
     

2017-04-28 18:24:01

コメント(0)

プリン体取り過ぎない正しい付き合い方

暖かくなり、お花見などでビールやそのほかのお酒をたくさん飲んでしまう機会が多くなる季節です。そこで、ビールの弊害として真っ先に思いつくのは、「プリン体」ではないでしょうか?しかしこのプリン体、実は体を円滑に動かす大事な役割も担っていて、細胞の中心に存在する「核酸」を構成する主成分の総称であり、実はいろいろな種類があるものなのだそうです。

 

どこからが「摂りすぎ」?

 

人体ではプリン体は肝臓で代謝され、尿酸となって体外に排泄されます。そして食品でプリン体を多く含むものはレバーや白子。レバーは動物の肝臓、白子も雄の魚の腹にある内臓の一種なので、要するに人と同じくプリン体を代謝する場所に多く含まれているということです。

酒類はビールにいちばん多く、日本酒などにも含まれます。一方でワインや焼酎には極微量しか含まれていないので、アルコール度数の低いお酒を好む方はビールよりもチューハイ、アルコール度数が高めのお酒を好む方は日本酒よりワインにするといいかもしれません。

プリン体は、摂りすぎると痛風や高尿酸血症など、主に「尿酸」が原因の病気になりやすくなります。人の体ではつねに1200mgの尿酸が蓄積されており、それが正常値と考えられています。限界は1500mgで、それを超えると先述の病気のリスクが高くなります。

特に痛風は、近年中高年だけでなく、3040代男性の発症も増えているようです。レバーや白子を毎日大量に食べる機会は少ないと思いますが、飲酒でのプリン体の摂りすぎには注意が必要。

ちなみに、プリン体が悪影響とならないお酒の目安量は、ビールなら1500mlまで、日本酒は1合までとのことです。

 

こうして見ていくと、プリン体はいかにも「悪者」のように感じますが、プリン体は、体を動かすのに必要なエネルギー伝達物質でもあります。また、人の体は皮膚や内臓の細胞が一定周期で生まれ変わりますが、その細胞の代謝にもプリン体が使われるため、生命活動には必要な存在なのです。

プリン体は尿酸として一定量プールされますが、1日平均700mgが体外に排泄されるしくみになっているので、その分は食事から補う必要があります。が、やはり体内で生成されることを考えると、食品から補うのは1400mgを上限としてみましょう。

 

プリン体が少なめのメニュー

 

・丼系

牛丼や親子丼につきものの卵はプリン体がほぼゼロ。肉類もレバーを除けばバラ、カタ、ロースなどは含有量が少ない食品。ご飯もプリン体の心配が少ないでしょう。

 

・パン系

ランチ時に食べやすいサンドイッチや調理パンにつきもののハム、チキン、卵、チーズ、野菜類、そしてパンも、ほぼプリン体摂取異常の心配はないそうです。

 

・麺類

そば、うどん、そうめん、ラーメン、いずれもプリン体に関しては心配なさそうですが、おだしに含まれるカツオ節や干シイタケのグアニル酸という「旨み成分」のプリン体がやや多めです。おだしは飲み干さないようにしましょう。

 

尿酸値を下げる食べ物

 

・乳製品

各種乳飲料(牛乳、コーヒー牛乳、フルーツ牛乳)、ヨーグルトなど。牛乳はなんとプリン体ゼロ!そしてヨーグルトに含まれる乳酸菌には尿酸値を下げる効果が期待できます。

 

・コーヒー飲料

ドリップコーヒー、缶コーヒー、カフェラテなど。コーヒーに含まれるポリフェノールに、尿酸値を下げる効果が!

 

・野菜、果物類

サラダ全般、野菜の惣菜全般、カットフルーツ、ドライフルーツなど。野菜や果物に含まれるビタミンCと食物繊維に尿酸値を下げる効果が期待できます。なるべく色の濃いものを選びましょう。野菜なら、トマト、ピーマン、パプリカ、ニンジンなどの緑黄色野菜、果物なら、マンゴー、パパイヤ、ビワ、キウイフルーツ、ブルーベリー、イチゴなどが入っているアイテムを。

 

体内が水分不足に陥りがちなこれからの季節は1年の中でも痛風のリスクの高まる季節。プリン体の取り過ぎにはくれぐれも注意していきたいですね。

2017-04-14 14:16:27

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5