さかき歯科クリニック

さかき歯科クリニック|矯正歯科 ホワイトニング インプラント 岡山市

当院は岡山市中心部・JR岡山駅近くの歯科医院です。  主な診療科目は、虫歯・歯周病などの一般歯科および矯正歯科となっております。 また、インプラントやホワイトニングも積極的に行っており、お口に関する様々な問題を患者さんと一緒に解決して、健康できれいな歯を取り戻す手助けができればと考えておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

 

トゥースフェアリー

 

歯科医院.com

 

EPARK

 

HOME»  コラム

コラム

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

11月22日はいい夫婦の日!記念に残るプレゼントの選び方

日本では、11月22日は「いい夫婦の日」として親しまれています。いい夫婦の日に夫婦2人で食事へ出掛けたり、プレゼントを贈り合ったりする方もいるのではないでしょうか。日頃の感謝の気持ちを込めてパートナーにプレゼントを贈ることは、今後の夫婦生活を円満に過ごすためにも大切です。 いい夫婦の日は1年に1度しかない記念日のため、記念に残るプレゼントを選びたいものです。そこで今回は、いい夫婦の日にパートナーへ贈りたい、記念に残るプレゼントの選び方をご紹介します。
 
夫婦の日とは
11月22日のいい夫婦の日は、「1122=いいふうふ」の語呂合わせが元になっています。いい夫婦の日には、どのような歴史があるのでしょうか。 いい夫婦の日の歴史は、まず1985年、政府が経済対策会議で11月を「ゆとり創造月間」として提唱したことから始まります。その後1988年に、財団法人余暇開発センターが夫婦で余暇やゆとりのあるライフスタイルを楽しめるようにと、11月22日を「いい夫婦の日」として提唱しました。
 同年に「いい夫婦の日をすすめる会」が設立され、いい夫婦の日の認知度は年々高まってきました。1999年からは「パートナー・オブ・ザ・イヤー」の選出が始まり、2006年からは「いい夫婦川柳コンテスト」も開催されています。
 
気持ちを込めたプレゼント選びを
夫婦は毎日顔を合わせているため、あらためて感謝の気持ちを口にする機会はなかなかないかもしれません。しかし、感謝の気持ちは口に出して相手に届けなければ伝わりにくいものです。1年に1度の記念日であるいい夫婦の日には、日頃の感謝の気持ちを口にすると共に、プレゼントを一緒に贈ることをおすすめします。パートナーにプレゼントを贈ろうと考えた際、何を送れば良いか悩むこともあるでしょう。気持ちを込めて選んだプレゼントであれば、きっとパートナーは喜んでくれると思います。プレゼントを選ぶ際には、「何をプレゼントすれば相手が喜んでくれるのか」を想像しながら選ぶことが大切ではないでしょうか。
 
「いつもお仕事お疲れ様」「いつも美味しいご飯を作ってくれてありがとう」など、毎日一緒に生活しているからこそ照れくさくて言えない気持ちもあるはずです。そのような気持ちを、いい夫婦の日を機にパートナーへ伝えてはいかがでしょうか。どのようなプレゼントを選ぼうか、どのようなサプライズをしようかと相手を喜ばせようとする気持ちがあれば、きっと相手は喜んでくれるはずです。
 

2017-11-10 08:23:02

コメント(0)

風邪のひきはじめに

風邪のひき始めの症状とは?
最近寒くなってきて風邪ひいたり体調を崩したりはしていませんか?
今回は風邪をこじらせないためにひき始めの症状とその対策方法をご紹介します。
こんな症状がでたら注意しましょう。
寒気
風邪のひき始めに、「寒気」を感じる人は多いでしょう。
これは熱が上がる前兆でもあります。普段と変わらない服装をしているのに背中のあたりが寒かったり、もう1枚着るものが欲しくなった場合は、数時間後に熱が上がることが多いでしょう。
のどの痛み
風邪の原因である細菌やウィルスは空気と共に鼻や口から侵入してのどの粘膜に張り付き、炎症を起こすことも多いです。
のどの痛みが炎症症状のひとつでしょう。
ここから症状が全身に広がることも珍しくありません。
頭痛や鼻水・咳
すでに風邪の細菌やウィルスが全身に廻っている場合は、頭痛や鼻水・咳などの症状が出ます。
「何度咳をしてものどがイガイガする」「くしゃみが止まらない」という場合は、翌日もっと症状が悪化する可能性も高いでしょう。
眠気
具合が悪い時、体は本能的に休息を取って回復を図ろうとします。
ですから前日たっぷりと睡眠をとっていたとしても眠くなりやすいでしょう。この時に眠ることができれば、翌日回復していることも多いです。
 
風邪のひき始めに効果的な対処法とは?
では、風邪をひいたな、と思った時はどのように対処すればよいのでしょうか?
この項では、風邪のひき始めの際に有効な対策法をご紹介します。
体を温める
寒気を感じたらとにかく体を温めましょう。
服を1枚余分にきたり、布団にもぐって暖を取るのも効果的です。
仕事中でどちらもできないという場合は、コンビニなどで張るカイロを買ってきて腰や背中に張ると良いでしょう。
また、しょうが湯など体を温める飲み物をとるのも効果的です。
マスクを付けたり、のど飴をなめる
のどの痛みには加湿が効果的です。のど飴をなめたり、マスクを付けたりしてのどを加湿しましょう。
また、温かいお茶を少しずつ飲んでも効果的です。
市販の風邪薬を飲む
市販の風邪薬は症状が出てから飲むより、風邪のひき始めの時に飲んだ方が効果があります。
「風邪かな?」と思ったら寝る前に市販の風邪薬を飲んでみましょう。効果がある場合も多いです。
風邪に効く食べ物を食べる
ショウガやトウガラシなど、体を温める食べ物や、ビタミンCが豊富な食べ物、さらに消化吸収の良い食べ物は、風邪のひき始めの際に食べると症状の悪化を防いでくれるでしょう。
ビタミンCは野菜やかんきつ類などに多く含まれています。
そのようなものが急には手に入らない、という場合はサプリメントでも大丈夫。これならコンビニでも手に入るでしょう。
風邪対策をする際の注意点とは?
では最後に、風邪のひき始め対策をする際の注意点をご紹介します。
風邪の種類によっては行わない方がよいこともあるのです。
お風呂は無理をして入らない
身体を温める方法というと、お風呂も有効です。
しかし、入浴は思っている以上に体力を消耗します。
具合の悪い時にお風呂に入ると体調が悪化するかもしれません。
「お風呂に入る気力がない」という場合は無理をせず、熱いタオルで顔や手足を拭くだけにとどめましょう。
胃腸風邪の際は、刺激物を取らない
ショウガやトウガラシは体を温める食べ物です。
しかし胃腸に症状が出る風邪の場合は、刺激が強すぎて症状が悪化する可能性もあるでしょう。
胃のあたりが気持ちが悪かったり、吐き気がする場合は無理に食べ物を取る必要はありません。
脱水症状にだけ気を付けて、水分のみを補給しましょう。
その際にスポーツ飲料をゆっくり飲むとカロリーも摂取できます。
また、冷たすぎる飲み物も体に負担がかかります。注意してください。
アルコールは控える
風邪の民間薬として有名な「たまご酒」これは生卵にお酒を入れたものですが、風邪の際に体を温めようとアルコール飲料を飲む方も少なくないでしょう。
しかし、アルコールは分解、吸収するのに肝臓や腎臓に負担をかけます。
風邪の時、内臓に余計な負担をかければ、さらに症状が悪化するでしょう。風邪の際はアルコール類を控えてください。
おわりに
いかがでしたか?
今回は風邪のひき始めの際の対策方法についてご紹介しました。
季節の変わり目で風邪をひきやすいですが、風邪の予防やひき始めに治せるように対策していきましょうね。
 
 
 

2017-11-09 11:57:53

コメント(0)

睡眠ホルモン【メラトニン】


「朝なかなか目が覚めない」「寝たのに疲れが残っている」というように、睡眠に関しての悩みを抱える人はたくさんいます。睡眠ホルモンであるメラトニンは、生活習慣や、行動パターン・食生活の影響を大きく受けます。質の良い睡眠をしっかりとり、カラダや脳の疲れをすっきり解消させましょう。
 
メラトニンとは
 
メラトニンは太陽が沈んでから作られる
 
メラトニンは、ぐっすり眠るための「睡眠ホルモン」で、脳のほぼ真ん中にある松果体という部分で、セロトニンから作られます。網膜からの光の情報が、メラトニンの合成に影響しているので、太陽がある限りメラトニンは作られません。照度が落ち始めると、セロトニンからメラトニンが作り出され始め、目をつぶることで、メラトニンの分泌が行われます。
夜中の2時頃にピークを迎え、太陽が上がるとまたゼロになってしまいます。
 
生体リズムの調整をする
 
メラトニンは、光を感じることによって、生体リズムを調整するという重要な役割をしています。ヒトの体内時計は24時間よりも長いため、朝の光を浴びて後ろにずれていく体内時計を早めてあげる必要があります。規則正しい生活を送るためには、夜ぐっすりと眠り、早起きをして朝日を浴びるというメリハリをつけることが大切なのです。
 
メラトニンの増やし方5つ
 
1.セロトニン神経を活性化する
 
メラトニンが十分に分泌されるためには、セロトニン神経を活性化させる必要があります。太陽の光を浴びたり、ウォーキングなどのリズム運動を行い、セロトニン神経を活性化させましょう。家族や友人との会話、スキンシップなども効果的です。
 
2.寝る前にパソコンやスマートフォンを使わない
 
夜遅くまでパソコンやスマートフォンの画面を見ていると、ブルーライトの影響でメラトニンが壊されて眠りが浅く、睡眠の質が悪くなります。
なるべく寝る1時間前からはそういったものを避けるようにしましょう。
 
3.部屋を暗くして寝る
 
部屋が明るいと、光の情報が入ってくるので、メラトニンはしっかりと分泌されません。ぐっすりと眠るためには、カーテンを閉めて電気を消しましょう。また、起きたらすぐにカーテンを開け、太陽の光を浴びて、セロトニンの合成を促しましょう。
 
4.トリプトファンやビタミン・ミネラルをしっかりとる
 
メラトニンはセロトニンから作られますが、セロトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンから作られます。トリプトファンは体内で作られないので、食事からとり入れる必要があります。手軽に摂れる乳製品やバナナなどをしっかりとりましょう。
 
また、カツオやマグロなどに多く含まれる、ビタミンB6や、アーモンドや大豆に含まれるマグネシウムもセロトニンの合成には必要です。あまり馴染みはありませんが、野菜のケールには、メラトニン自体が含まれています。
 
5.カフェインの摂り過ぎに気を付ける
 
夜眠れなくなるため、寝る前にカフェインを摂らないようにしている人も多くいます。コーヒーやお茶に含まれるカフェインには、神経興奮作用があるので、寝付きにくくなるのにプラスして、メラトニンの働きを抑制するともいわれています。
反対に、ホットミルクを飲むと良いとされているのは、セロトニンの材料となるトリプトファンが含まれているからです。
 
 
 
日頃の疲れをとるためには、快適な睡眠をとることがとても大切です。メラトニンがしっかりと分泌されるよう、セロトニンを増やすことを意識したり、食事や飲み物、寝る前の習慣などを見直してみましょう。
 

2017-10-16 15:27:07

ハロウィンのかぼちゃを作ろう!ジャックオーランタンの作り方

10月31日のイベントといえば、「ハロウィン」です。毎年10月31日になると、世界各国でハロウィンパーティーが開かれます。日本でも各地で仮装パーティーやイベントなどが行われ、秋の一大イベントとして、子どもから大人まで大勢の方に親しまれています。ハロウィンパーティーや家の飾り付けに欠かせないものが、かぼちゃをくり抜いて作る「ジャックオーランタン」です。ジャックオーランタンは、ハロウィンが近づいてくると街中で一度は目にする、ハロウィンの大切な飾りの1つです。そこで今回は、より一層ハロウィンを楽しむためのジャックオーランタンの作り方についてご紹介します。
 
【用意するもの】
・外皮がオレンジ色のかぼちゃ
 ・新聞紙
・ナイフ
・小型スコップ(または大きめのスプーン)
・油性ペン(クレヨンでも可)
・ろうそく(ティーライトキャンドルなど)
 
【作り方の手順】
1.かぼちゃに顔を描く
油性ペンやクレヨンで、かぼちゃの表面に自分好みの顔を描きましょう。
2.かぼちゃの底をカットする
かぼちゃの中身をくり抜くための穴を、かぼちゃの底に空けます。手が入るくらいの大きさに切り取ってください。切り取った部分は後でろうそくを置く土台として使用するため、捨てずに取っておきましょう。作業の際にはかぼちゃの水分で床やテーブルが汚れないよう、新聞紙を敷いてください。
3.かぼちゃの中身をくり抜く
スコップやスプーンを使用し、かぼちゃの中身をくり抜きます。
4.顔を作る
先に描いておいた下描きに沿ってナイフを入れます。
しっかりかぼちゃを固定し、慎重にカットしましょう。
5.ろうそくの土台を作る
手順の2番目で取っておいた、かぼちゃの底の部分にろうそくを置きます。
ろうそくがずれたり倒れたりしないよう、かぼちゃにくぼみを作ると安心です。
6.土台に本体をかぶせる
ろうそくの土台が完成したら、最後に本体をかぶせましょう。これでジャックオーランタンの完成です。
 
近年、日本でもさまざまなイベントやパーティーが開催されるなど、盛り上がりを見せているハロウィン。しかし、自分でジャックオーランタンを作ったことがある方は少ないのではないでしょうか。今年のハロウィンは、自分で部屋や玄関に手作りのジャックオーランタンを置いてみるなど、いつもと一味違う過ごし方をしましょう。
 

2017-10-12 09:51:36

コメント(0)

金木犀について

金木犀の花について
 
金木犀は、オレンジ色の小さな花を咲かせます。

この花があの甘い香りを放っています。

同じ仲間で銀木犀というのがあるらしいのですが、
金木犀のほうが香りも強いといわれています。

元々は中国の南部に生えており、江戸時代に日本にやってきました。

それからは同じような気候であることから、庭や山で自生するようになっていきます。

この香りの強さから、金木犀をトイレにおいて匂い消しのための芳香剤として多く使われていました。

それによって、トイレを思い出す人もいるのではないでしょうか。


 
香りが苦手な人が多いわけ
 
理由の一つとして、香りに含まれる成分が上げられます。

「γ-デカラクトン」といった成分があります。

これは昆虫を寄せ付けないようにするもので、
昆虫にこの香りを嗅がせると、嫌って逃げるような行動を取るそうなのです。

そういったことから、人も嫌だと感じるのは当然なのかもしれません。
 
ダイエットに効果的かも
 
金木犀の香りにはダイエット効果があるといわれています。

それは、体内で分泌される物質を抑えることが出来るとか。

その物質とは「オレキシン」といいます。

オレキシンは血糖値が下がってくると分泌される特性があり、
その結果、甘いものが食べたくなったり、空腹感を感じたりするようになります。

その分泌するのを金木犀の甘い香りが抑えてくれるのだとか。

 
リラックス効果
 
これは、ラベンダーなどで有名ですが、気持ちを落ち着かせるような香りであることから、
リラックスや安眠を促す香りとして重宝されています。


 
ヨーロッパの言い伝え「潜在能力」を引き出す
 
ヨーロッパの言い伝えの中に、金木犀の香りは潜在能力を引き出す力があると言われています。

どこからそうなったのかは分かりませんが、実際、香りを嗅ぐと、
リラックスしているのに頭の回転がよくなるような、そんな感覚になります。

最近の脳科学者が言っていましたが、その状態が最高のパフォーマンスが出せるそうなのです。
 
まとめ
金木犀は昆虫が嫌うような成分を持っています。
それによって嫌いに思う方もいるでしょう。
しかし、その香りには体や心に良い効果があるとされています。
食欲をおさえたり、をおちつかせたり。
金木犀の香りがすきな方はこういった効果もあるんだと思いながら楽しんでみるのもいいかもしれませんね。
 

2017-10-10 14:10:28

コメント(0)

夏の肌ダメージにサヨナラ!食事でできる秋のお肌改善法

 
暑い夏が終わり、秋向けの肌対策にシフトしていく頃ですね。この時期になると、夏の間、肌に受けたダメージがじわじわと出ていませんか?秋特有の肌荒れの原因と食事でできる肌の改善法(美肌対策)をご紹介します。
 
秋に起こる肌荒れの原因
 
夏に受けた紫外線ダメージ
 
夏に海や山へ遊びに行った際に受けた日焼けだけでなく、通勤・通学・家事の合間に浴びた少しの紫外線も肌へのダメージに繋がります。一度に受けた紫外線は少量でも、毎日となると、肌への負担は積み重なっていきます。
 
室内と室外の気温差で感じた肌ストレス
 
オフィスや電車・デパート・公共施設の室内は冷房がきいていて、肌寒く感じることもありますが、一度外に出ると気温は高く、カラダが火照るほどです。この気温差を日中に何度も繰り返していると肌への負担が大きく、肌荒れの原因になります。
 
 
夏の肌ダメージにサヨナラ!秋にすべき美肌対策5つ
 
1.旬の野菜・果物をとる
 
旬の野菜や果物には、栄養素がぎゅっと詰まっています。ビタミン・ミネラルが豊富に含まれている季節の野菜・果物は、肌のダメージの回復を助けてくれます。
 
2.肌のターンオーバー(新陳代謝)を良くする栄養素をとる
 
・タンパク質:肌の細胞を構成する栄養素です。低脂肪・高タンパクの食材がおすすめです。
・ビタミンA:肌荒れやかさつきを予防します。
・ビタミンB2・B6:皮膚や粘膜を健康に保ちます。
・ビタミンC:コラーゲンの合成に働き、肌のハリを保ちます。
・ナイアシン:皮膚の代謝を促します。
・ビタミンE:抗酸化作用があり、活性酵素からカラダを守ります。
 
3.良質な油をとる
 
良質の油は、細胞の老化による肌のたるみやしわを予防する働きがあります。
普段の食事に、マグロ・さんま・いわし・さばなどの魚の油の成分であるオメガ3脂肪酸や、オリーブオイル・米油・ごま油・シソ油などの良質な油をとり入れて、カラダの酸化を防ぎましょう。
 
4.発酵食品をとる
 
発酵食品の味噌・漬物・納豆・きのこ・ヨーグルトなどをとり入れて、腸内環境を整えることで、美肌対策に役立ちます。
 
5.良質の睡眠をとる
 
睡眠はカラダを休め、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促します。規則正しい食生活を送ることで、良質な眠りへと導きます。
 
 
 
夏の肌のダメージは外側からと内側からのケアが大切です。内側からの対策には良質な食生活が欠かせません。今回ご紹介した内容を毎日の食生活にとり入れて、トラブルの改善に繋げてくださいね。
 

2017-09-15 16:33:27

日焼けした肌を白くする方法

日焼けした黒い肌を白くする方法4
 
1.それ以上の日焼けは防ぐ
 
まずは必須事項として、それ以上の日焼けは防ぐようにしましょう。日焼けによって肌が黒くなってしまったのが気になるのであれば、それ以上黒くならないように対策をするべきです。
日焼けをして肌が黒くなるほど、元の白い肌に戻るために必要な時間は増えるようになるので、日焼けを悪化させないようにしましょう。
きちんと防止などを被って日差しを遮ったり、日焼け止めクリームを塗ったりなどの基本的な対策を心がけてください。以下の記事では、日焼けの防止対策を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
2.十分な保湿を心がける
 
日焼けで肌が黒くなるのは、メラニン色素が肌に溜まることが原因となります。肌は時間が経つごとに表皮が生まれ変わり、古い表皮がアカとなって剥がれおちるターンオーバーを繰り返しています。
そのため、日焼けしてメラニンを含んだ角層も徐々に落ちるので、時間が経てば次第に日焼けした肌は元に戻るようになります。
そして、なるべく早い期間で元の白い肌に戻すためには、そのターンオーバーを早めることが重要となります。そのために必要なことが「保湿」です。
ターンオーバーは肌の状態が良くし、新陳代謝を高めることで活発になります。肌が荒れたり乾燥している状態ではターンオーバーは低下してしまうので、適度で十分な保湿を心がけて、肌の状態を良いものに保つようにしてください。
肌の状態が良くなれば、肌が生まれ変わる周期も早くなるので、日焼けを早い期間で元に戻すことができるでしょう。なお、保湿のしすぎもよくないので、適度な保湿をしましょう。
3.ビタミン類の栄養を摂取
 
食事で体の内側から取り込んだ栄養素で、日焼けした肌を白くすることも有効となります。特に、ビタミン類は肌を元に戻すのに有効です。
ビタミンCはメラニンの抑制効果で有名で、ビタミンEは肌の新陳代謝を活性化してくれるので、ターンオーバーを早めてくれます。
ビタミン類が豊富な野菜を取るようにするといいでしょう。サプリメントやジュースでもおすすめとなります。
4.美白化粧品を使う
 
美白のための化粧品を使うのも、日焼けした肌を白くするには効果的なものです。肌のターンオーバーを活性化してくれる成分が入っているので、より早く日焼けから元の状態に戻すことができます。
美白クリームや美白ローションなどが有名でしょう。化粧水にも美白効果のあるものもあり、それを使うことで同時に保湿対策をすることもできます。白い肌で秋をむかえましょうね。
 

2017-09-08 17:40:01

コメント(0)

十五夜(中秋の名月)のすすきの意味は?お月見のお供え物について

全国に広く分布する「すすき」は、日本人なら知らない人はいないほど身近な植物の1つです。古くは万葉集にすすきの和歌が数多く収録され、源氏物語や枕草子などにも描写が出てきます。現代でも秋のどこか物寂しいイメージとして、多くの方が野原に群生する黄金色のすすきを連想するのではないでしょうか。しかし、十五夜にすすきを飾る理由については意外と知られていません。ここでは十五夜のすすきの意味やお月見のお供え物についてご紹介します。
 
十五夜(中秋の名月)とは
中秋の名月の祭事はもともと中国から伝わり、日本では平安朝以降に貴族の間で盛んに催されました。江戸時代には一般庶民の間でも広く行われるようになり、次第に現在の形に変化しています。では、十五夜(中秋の名月)とはいつでしょうか。旧暦では秋を7月~9月としており、旧暦7月を「初秋」、旧暦8月を「仲秋」、旧暦9月を「晩秋」と区分しました。「仲秋」が旧暦8月の全体を指すことに対し、「中秋」は秋全体の中日を意味し、旧暦8月15日のみを指します。現代では旧暦と暦の数え方が異なるため、年によって十五夜の日が異なりますが、およそ9月の中旬~10月上旬に訪れます。
 
稲穂の代わりとしてのすすき
月の満ち欠けなどを用いて暦を計算した旧暦では、人々の生活と月は密接につながっていました。特に農作業に従事する人々は欠けたところのない満月を豊穣の象徴とし、秋の収穫の感謝を込めて芋や豆などの収穫物を月に供えました。しかし、稲穂はまだ穂が実る前の時期であることから、穂の出たすすきを稲穂に見立てて飾ったと言われています。
 
魔除けとしてのすすき
古くからすすきは神様の依り代と考えられていました。茎が中空(内部が空洞)のため、神様の宿り場になると信じられていたのです。また、すすきの鋭い切り口は、魔除けになるとも考えられました。そのため、お月見のすすきには悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が込められています。地域によってはお月見に飾ったすすきは捨てず、庭や水田に立てたり、軒先に吊ったりして、災いから田や家を守る風習が今でも残っています。
 
お月見の定番「月見団子」
月見団子はその名の通り、丸い団子で月を表現していると言われています。 また、十五夜は別名「芋名月」とも呼ばれ、里芋やさつまいもなどの芋類を供える地域があります。これは稲作以前の、里芋などの芋類を主食として食べていた頃に、十五夜に秋の収穫物である里芋を供えていた名残である説が有名です。つまり、十五夜に団子を供える理由は、里芋に形を似せるためでしょう。月見団子や芋類の他には枝豆や栗、果物などの秋の収穫物や水・酒などもお月見のお供え物として飾ります。お供えした食べ物はお月見が終わってから食べましょう。お供え物を体に取り入れることにより、健康や幸せを得ることができると考えられています。植物ではすすきに加え、ワレモコウやオミナエシなどの秋の七草も飾ります。
 
現在では、十五夜を楽しむ風習は薄れているかもしれません。昔の日本人と現代の日本人の生活様式は異なるため、仕方がないことです。しかし、空気が澄んで1年で最も月が美しく見える日が十五夜(中秋の名月)です。どれだけ時代が変わっても月の美しさだけは変わりません。すすきなど秋の植物を窓辺に飾り、月を見上げて名月の美しさを感じてはいかがでしょうか。
 

2017-09-08 17:00:53

コメント(0)

夏バテについて

夏バテの原因と対策
夏になると、体がだるくて、いつも疲れてる。
食欲もないし・・・。
なんていう症状は、「夏バテ」です。
「暑気あたり」ともいいます。
その名の通り、夏の暑さにやられたせいでなる
体調不良ですが、しっかり対策をすれば、
ある程度防ぐことができます。
 
夏バテ予防の対策はこれ!
夏バテの主な症状は、
だるさ、疲労感、食欲不振です。
それらは、次のことが原因です。
【夏バテの原因】
・高温多湿
気温が高くなるため、いっぱい汗をかいて体温を下げようとしますが、
湿度が高いと汗がちゃんと蒸発しません。
そのため、体温調節が上手く出来なくなり、
体内に熱がこもってしまいます。
また、暑いと汗をかきすぎて、水分や塩分が不足してしまいます。
そのため、だるさが続きます。
・自律神経の乱れ
暑い屋外から冷房の効いた室内へと出入りを繰り返すと、
急激な気温の変化や冷房が効き過ぎることによる冷えのせいで、
自律神経のバランスが乱れ、
体の調節機能がうまく働かなくなります。
血流も悪くなるので、胃腸の調子も悪くなり、
食欲不振になります。
・睡眠不足
熱帯夜が続くと暑さで寝られず、睡眠不足になります。
そのため、疲労の回復ができません。
そうならないように、でも、
もしなってしまった時の対策です。
【夏バテの対策】
・冷房で体を冷やし過ぎない。
職場など、自分では調節出来ない時は、
長袖を羽織る、ひざ掛けを使うなどしましょう。
温かいものを飲むようにするのもいいですよ。
・適度に運動する。
・シャワーばかりではなく、ぬるめのお風呂
ゆっくり浸かる。半身浴がおすすめ。
タンパク質やビタミンBの多い食事を摂る。
・暑くても冷たい食べ物や飲み物ばかりにしない。
食欲がない時に、無理に食べない。
胃腸が弱っている時は、消化の良いものを
少しずつ食べましょう。
睡眠をしっかり取る。
暑くて眠れないけど、冷房を入れっぱなしだと
冷えてしまう、という人も多いようです。
そういう場合は、寝る前に寝室を先に冷やしておきます。
そして、寝る時に冷房を切るか、
タイマーで1時間後くらいに切れるようにします。
また、敷ふとんやマットの上にゴザをひくと、
熱がこもりにくくなりますよ。
また、汗をいっぱいかくので、
水分補給を欠かさないようにしてください。
塩分も適度に必要なので、
ポカリスエットなどを2倍くらいに薄めたものを
飲むようにすると良いでしょう。
 
 

2017-08-09 08:13:18

コメント(0)

暑すぎて眠れない…の悩みを解消!

真夏の夜の寝苦しさは、暑さのためだけではなく、体温の変化にも理由があるってご存知ですか? 人の体は、一日の中で活動レベルに合わせて体温を変化させます。活動的な昼間から夕方にかけて体温を上げ、夜は下げることで体は眠る体勢に入っていきます。ところが、真夏の夜は気温と湿度が高いため、思うように体温は下がってくれません。夏の快眠のためには、寝る前に体温をしっかり下げることが必要なのです。
1.扇風機を賢く使う
直接体に当てるのではなく、壁に向かって使用します。「首フリ」や「リズム」モードで風に強弱をつけることで、自然な風の流れを室内に作り出します。うちわであおぐ程度の心地よい風が就寝時は快適です。
2.エアコンは3時間で切れるタイマー設定に
一般的に、夏の夜に快適に寝られる部屋の室温は26~28℃、睡眠のサイクルとして寝ついて3時間を快適に過ごせれば朝までぐっすり眠れると言われています。
3.寝室のクローゼットや押し入れを開けておく
クローゼットや押し入れは、熱がこもりやすい場所。扇風機やエアコンを使用する時に開けておけば、冷房効率を高めることができます。
4.寝具は涼感のある素材を
シーツはイグサ・麻などさらっとした素材のもの、ケットはガーゼやタオル地など吸汗性や通気性のあるものがおすすめです。
5.抱き枕で、隙間を作る
抱き枕は、敷き布団とからだの間に隙間を作って熱を逃がし、涼感を保つことができます。
6.就寝前は、ねるめのお風呂に
お風呂の温度は、38度前後のぬるめがベスト。ゆっくりとつかることで、血液の循環がよくなり、筋肉の緊張がほぐれていきます。またぬるめのお湯は副交感神経に働きかけ、気持ちをゆったりと落ち着かせてくれます。
7.入浴後15~30分後が就寝のタイミング
入浴後は15~30分後程度で汗が引き、体温が下がり始めます。そのタイミングで寝床に入りましょう。
8.就寝前の飲み物は常温で
就寝前に暑いからといって冷たいものを飲むと、冷えてしまった体を温めようと、人の体は体温を必要以上に上げてしまいます。これでは体温を下げることで眠くなるのに対し、逆効果です。
9.寝室にアロマオイル
清涼感のあるミント系の香りが体感温度を下げてくれます。
 

2017-08-08 09:49:49

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5